2010年08月27日

歌手ベナイサはHIVをパートナーに感染させた疑いで執行猶予

(このブログの 8月26日のカキコミにある求刑と 
あまり変わらない判決のようです。他に8/20と8/17にも
彼女についてのカキコミあります)

2010年8月26日発:
「ドイツエイズ支援組織」DAHは この判決から
間違えたメッセージが生まれると 述べた。ドイツでの
HIV予防と それによる慢性的病気からの解放に 
不利益を与える メッセージが 生まれるという
批判である。
DAHの女性患者担当者の補足によると:
「予防が 一方的に 女性とHIV感染者の 責任である
とされるのは 間違いだ。二人の人間の共同の
責任である」。

しかし HIVという話題が 訴訟により 多くの人の
注目を集めたことは いい事だったと DAHは
考えている。
HIVをもつ人とエイズ患者は 生活しているのだと 
いうことを訴訟は示した。そして 彼らは仕事をして 
社会に 他の人と対等に参加したいのだということも 
訴訟は示した。
安全なセックスの仕方は あるということも 訴訟は 
はっきりと 示した。

Nadja Benaissaは14歳でクラック中毒になり、16歳で
妊娠し その頃にHIVに感染した。
少女だった頃に 過ごしたフランクフルトでの
本見本市(メッセ)に 彼女は自伝を出展したいと
思っている。書名を「万事 よくなる」とする。

ベナイサの居たポップ バンドNo-Angels は2000年に
作られ、ドイツのヒットチャートの一位に4回なった。
欧州 全体で もっとも人気の高い女性グループだ。
ベナイサは2003年にグループを離れ、2007年に復帰した。

ベナイサはまだエイズを発症していない。
彼女の娘は 今9歳になっていて、母親の病気を新聞で
知った。母親は 娘にHIVをうつしては いない。

下記サイトから:
http://www.heute.de/ZDFheute/inhalt/1/0,3672,8104833,00.html
http://www.welt.de/vermischtes/prominente/article9219732/Ein-Ende-mit-Traenen-aber-die-Angeklagte-bleibt-frei.html
http://www.dw-world.de/dw/article/0,,5946759,00.html
http://www.sueddeutsche.de/panorama/urteil-in-darmstadt-nadja-benaissa-bleibt-auf-freiem-fuss-1.992600



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。