2010年08月26日

Nadja Benaissa の二重人格

グループ No-Angels の歌手 ベナイサはHIVを
相手に感染させたとして裁判の被告人になっている。
彼女の うさんくさい面も法廷で示されたけれど、
検事が要求しているように 懲役2年、執行猶予3年の
判決になるだろう。
判決の条件として 二つがある:
1. HIV感染者の保護施設で 300時間の 公益労働をする。
2. ナンギだった少女の頃を内省する。治療を受けながら。

HIVに感染していると知っていながら 相手に それを
告げないで無防備でセックスすると 6ヶ月から
10年の懲役になる。
弁護人は 刑を軽くするために ベナイサの少女の
頃の困難な境遇が 考慮に入れられるべきだと 述べた。
彼女は16歳のときに 薬物依存症になり、妊娠した。
妊娠したあとに HIVに感染していることを 
彼女は知った。
娘を生んだあと、半分ほど 普通の生活が できる
ようになっていた。その時期に 夜間学級で知り
合った彼と セックスした。自分の病気を抑圧し、
今までに生きたことのない 生活をしたかった。
そのうちに No-Angels のメンバーになり、病気は 
意識的に抑圧された。

検察官は ベナイサを二重人格をもつと述べた。
一方で 彼女は 強い女性で、母親で、娘であり、
成功した歌手である。
他方、彼女は 相手の運命に無関心な 思いやりに
欠けたベナイサである。
弁護人は 当局が2009年のイースター前に 彼女を
逮捕したのは 違法だと述べ、その時に HIV感染に
ついて 彼女だけに責任があると 当局が述べた 
ことを 批判した。
セックスについて 両方が責任が負うものだ。
下記サイトから:
http://www.stern.de/panorama/aids-prozess-gegen-no-angels-saengerin-die-zwei-seelen-der-nadja-benaissa-1596967.html





※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。