2010年08月22日

相続について同性愛同士の結婚でも同じinドイツ

ドイツ連邦憲法裁判所は 同性愛同士の結婚について 
異性愛の結婚と同じ権利を認めた。
エミール・ゾラは1895年に同性愛者に手助けしようとした。
ドイツは同性愛の行為を刑法で犯罪としていたが、
1994年に やっと その条文を削除した。

2001年から「生涯の伴侶の法律」は性的指向にかかわらず、
二人の人間が 法的に結ばれることを 擁護している。
2001年以来、異性間の結婚と同性愛の結婚との 間の 
差異は少しずつ減ってきた。

特に税の権利と養子縁組の権利において、異性愛の
結婚と同性愛の結婚との間に差異が まだ 残っている。
子どものいるカップルと 子どものいないカップルの
間では 立法機関は区別すべきだ。

連邦憲法裁判所はゲイとレズビアンの権利を強化した。
同性愛のパートナーは 相続税について 異性愛の
結婚をした人と比べて、不利になっては いけないと、
連邦憲法裁判所は判決した。
しかし 結婚という関係は 不安定なものであり、
法は結婚について あまり かかわることは できない。
国が与えるのは 不毛の枠組みであり、 不毛の
枠組みから 愛と意義によって 人を解放するのは 
人間である。その人間が ゲイ、レズビアン、
異性愛者で あろうとなかろうと そうだ。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/politik/erbschaftsteuer-gleichstellung-homosexueller-partner-fuers-leben-1.989355




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。