2010年08月17日

Nadja BenaissaはHIVを感染させた容疑で出廷

ポップバンド「ノー・エインジェルス」の歌手ベナイサは
HIVに感染していることを知りながら 無防備で
セックスしたために 訴えられた。
彼女の罪は 傷害と 傷害の企図である。
28歳の彼女は2000年から2004年の間に 5回、別々の
相手と無防備のセックスをした。1999年から HIVに
感染していることを知っていたにもかかわらず。
その相手の一人の男はHIVに感染した。
そのため 彼女は8月16日から法廷に立っている。
感染した男は付随原告として出廷した。
法廷で 彼女は HIVとの付き合いに おいて
間違えたことをしたと述べた。
彼女は フランクフルトアムマインに生まれ、
中学生の頃に「まず初めに無害のマリフアナや酒をやり」
麻薬と付き合うようになった。14歳で クラック中毒に
なり(クラックは 高純度の結晶状コカイン)、
学校に行かなくなった。16歳で妊娠し、HIVに感染した。
麻薬から 自力で脱出し、娘を生んだ。
実科学校の卒業資格を得るために 夜間教室に通った。
そこで 一人の男と知り合ったが 彼は感染しなかった。
17歳のときNo Angels のメンバーになった。
HIV感染について カウンセラーは 秘密にしておく
ようにと彼女に言った。言えば、バンドから追放される
だろうから。

男はベナイサとセックスしてから3年後に HIV陽性の 
診断を得た。彼女は コンドームのことを 相手に
尋ねることはしなかった。
2004年に付随原告になっている男と知り合ったときに 
彼女がHIV陽性だという 噂は 広まっていた。
下記サイトから:
http://www.stern.de/panorama/no-angel-nadja-benaissa-vor-gericht-nach-kondomen-hat-keiner-gefragt-1593694.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。