2010年08月13日

同性同士の結婚がカリフォルニアでまた認められる

カリフォルニア州判事は 8月18日から ゲイ同士、
レズビアン同士の結婚を認める。
2008年5月に サンフランシスコの州最高裁は 
同性愛者同士の結婚を認めた。しかし同年11月の州民
投票により、52%が同性愛者結婚に反対したので 
その後 同州で 同性愛者 同士の結婚は 
認められなくなった。

アメリカでは コネクティカット、マサチューセッツ、
アイオワ、ニューハンプシャー、バーモントの5州で 
同性愛者同士の結婚が認められている。
50州のうち約30州で 結婚は異性間のものだと
憲法で定められている。とは言うものの、カリフォル
ニアや幾つかの州では 一緒に暮らしている同性愛者は 
異性同士の結婚と同じような権利を持つ。
下記サイトから:
http://www.spiegel.de/politik/ausland/0,1518,711612,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。