2010年07月31日

タバコの煙は遺伝子を傷つける

煙草の煙は 今まで推量されていたよりも はるかに
広範囲に遺伝子に影響を与える可能性がある。
煙草の煙は 300以上の遺伝子の機能を損なうと 
テキサスにある Southwest Foundation for
Biomedical Researchの Jac Charlesworthのグループが
警告している。
彼らは 約1240人の白血球の遺伝子活動を調査した。
そのうち297人が喫煙者。
一つの遺伝子の情報が転換される過程を 煙草の煙は 
かなり変える。このことは 免疫系に否定的に働く
だけでなく 癌、細胞死、代謝の過程とも 密接に
関連する。
個々の遺伝子だけでなく 遺伝子の相互作用ネット
ワーク全体が 喫煙により影響をうける。
煙草の煙には 400以上の含有物があり、その中に
多くの毒物と五つの発ガン物質がある。
下記サイトから: 
http://www.sueddeutsche.de/wissen/gesundheitsrisiko-rauchen-verqualmte-gene-1.975587



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。