2010年06月27日

ボパール・ガス漏れ大惨事から25年

2010年7月7日発:
インドのボパール市の ユニオンカーバイド社の
元役員8人が有罪の判決をうけた。事件から25年以上
経って 初めての判決だった。
事故で 数万人が死に、今も少なくても十万人が
後遺症に苦しんでいる。
1984年12月30日に当時 殺虫剤を製造していた同社の
工場で 約40トンのメチルイソシアナート(MIC)が
漏れた。事故 発生後、72時間以内に1万人までの
死者がでた。
当時の社長 Warren Anderson をアメリカから
引渡しを受けるために インド政府は 骨折った。
歴史上、最悪の工場惨事だった。
下記サイトから:
http://www.stern.de/panorama/bhopal-katastrophe-union-carbide-manager-nach-25-jahren-verurteilt-1572075.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。