2010年05月28日

中央ヨーロッパ大洪水・写真18

写真1. ポーランドで浸水地域が増えている。
ポーランドの大河ヴィスワ川で堤防が決壊した。
2. 3. ヴィスワ川
4. 略奪を恐れ、避難しない人も多い。
5. 堤防が決壊し浸水した。この地域は1970年代まで 
氾濫地域とされ、家は建てられなかった。
6. マリア像は洪水の中に。(日本のお地蔵様の
ようなもの?)
7. 村のATMは土嚢で守る。
8.9.高齢者や病人には 数千人の救護隊が24時間 
救出作業をする。
10. 犬も。
11. 豚も
12. 馬も 船に乗る。
13. オーデル川とヴイスワ川流域で 7千人が堤防を守る。
14. 住民も土嚢つくりに手を貸す。オーデル川沿いの
フランクフルトの隣町。
15. ヴィスワ川。
16. ワルシャワでは週末に水位は下がったが、水を
吸った堤防は弱くなっている。流れはドイツに向かう。
17. ブランデンブルク州のRatz村で 先週、水位は
1メーター上がり、4.96メーターになった。
18. 5月28日には もっとも危険だという警戒警報が
出そうだ。1997年には6週間、もっとも水位の高い
状態だった。写真はブランデンブルク州のオーデル川
堤防補強工事。
19. 他の写真へのリンク。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/panorama/hochwasser-in-mitteleuropa-rollende-gefahr-1.948992



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。