2010年05月23日

苦役・グアノ採集@ペルーの島

写真1. Tomas Munitaは Guanape Norte島の 美しい
風景と苦しい労働を撮影し、2010年のHenri Nannen賞
を得た。
2. 11年毎に 数百人の男達が 岩の島に上陸し、
島で繁殖する海鳥の糞を掻き集める。グアノは 
乾いたウンチであり、肥料として 世界中で求められる。
3. カツオドリは この島で最も多い。
4. 右手にブラシ、左手に鈎を持ち、グアノを削りとる。
5. 労働者が クズを袋から捨てている。島の周りに
石垣が作られている。激しい雨で 海鳥のウンチが
海に流れてしまわないように。
6. ウインチ台車に袋を積んで、船に運ぶ。同じ
種類の厳しい労働を何週間も 続けられないので 
仕事の種類を替えて働く。
7. 海で待つ艀に 綱で渡される。その後、大型船
で陸に送られる。
8. 交替制の労働の後、疲労困憊する。3ヶ月間 
休日なしに働く。賃金は 月に約280ユーロ。
下記サイトから:
http://www.stern.de/fotografie/preisgekroente-fotostrecke-die-insel-der-qualen-1564883.html





※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。