2010年02月25日

薬物依存症治療寺院inタイ

下記サイトに写真12枚:
http://www.stern.de/wissen/mensch/drogenkur-in-thailand-erbrechen-fuer-den-entzug-1545851.html

写真1. 1960年代初めから タイのThamkrabok寺
では僧や尼が麻薬禁断療法を提供している。
参加者は男だけ(と書かれているし、写真も男だけ
のように見えるけれど、女性も参加できるようです。
タイは性の区別に寛容なことで有名な国だから
男だと申告すれば 男として参加できるのかも
知れない。男と女の区別は それほど はっきり
したものでは無いです)。
二度と麻薬をしない、譲らない、売らないという
誓約をして入院する。
2. 入院後、5日間は薬草を煎じたのを飲む。酷い
味なので飲むと吐く(と書いているが、日本人で
ダルクのスタッフをしている方は次のように
知らせてくれた。全員が吐くとは限らない:
「吐くときは応援ソングがあり、後ろで歌って
踊って楽器を鳴らし、賑やかに吐きます。私は
吐き気が無く、飲んだままとなりました。
汗が吹き出ただけでした。」
(寺のURLはこのページにあり)

3. 大半の患者はタイ人だが、外国人も受け入れる。
4. 吐き続けると 体が清められる。吐くのは 
しんどいから 妊婦は止めた方がいい。手術を
うけた直後も止めた方がいい。
6. 19歳のアメリカ人。一生に一度しか入院
できない。また麻薬をしたら 別の施設へ行く。
7. この男は禁断症状に苦しんでいる。
8. 毎日 蒸し風呂に入る。寺の話しでは 宿泊費
も治療費も不要で、食費だけ1日に約4ユーロ
払えばいい。
寄付は有難くいただく。
9. 寺院内の散歩は監視つきでする。村に
出てはいけない。寺が貸す衣類を着る。(皆さん
体格が良い。弱かったら とても麻薬はでき
ないんやろぅね)
10. 最長1ヶ月 寺に留まれる。もっと居たい
場合は許可が要る。
11. 入院して7日後に また誓約書を書く。その
誓約をすれば、「有難い文」を書いた紙を
もらえる。また麻薬をしたくなったら その文を
唱える。
12. 入所者が一緒にするスポーツは許されている。




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。