2009年12月28日

狼は増え、絶滅の危機を脱するかinドイツ

絶滅の危機にあるオオカミが増え、東ドイツから
西の方へ生息地が広がると 自然保護家は期待している。
アルプスやジュラ山脈を越えて オオカミが移住する
ことも考えられる。
約440の群れが 中部山地やアルプスに適地を見つけ、
住み着いている。約200平方キロの広々とした森が
狼にとって最適だ。
2000年にザクセンのLausitzに ポーランドから
狼のペアが移植され、今では東ドイツに七つの
群れができている。
100年前にドイツでは狼は絶滅した。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/wissen/weltall/Woelfe-haben-Ueberlebenschancen-article650707.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。