2009年11月28日

アフガニスタン、ソマリアほど腐敗した国は無い

賄賂の効く司法、麻薬、公職を金で買うことなどを
考慮にいれ「透明度・国際」(TI)は毎年 180国を
腐敗が支配する度合いにより 評価している。
尺度ゼロ(最悪の腐敗)から尺度10(ほとんど腐敗がない)まである。
アフガニスタンは尺度1.3で ソマリアは1.1と評価された。
この次に悪いのは ビルマ、スーダン、イラク。
最も腐敗度の低い国は ニュージーランド、デンマーク、
シンガポール、スウエーデンで、尺度9.4~9.2。
ドイツは8.0で14位。
ドイツでは超大企業ジーメンスのスキャンダルが
多くの人を目覚めさせた。
ロシアは2.2で 146位。中国は3.6で、79位。両国とも
改善されている。
ギリシャは0.9下がり、3.8に落ちた。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/politik/ausland/2009-11/transparency-korruption-afghanistan-deutschland

★ブログ管理人の蛇足:
アフガニスタンに日本は莫大な金をあげるそうです。
その金はどこへ消えるのでしょう。




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。