2009年09月28日

日本学の人気↑inドイツの大学

日本研究学会(GJF)の理事、ボン大学講師
Guenther Distelrathは「日本学は大学生に人気が
高い」という。80年代中ごろと比べ、日本学
専攻の大学生は4倍になった。ドイツの16の
大学で約3000人が日本語を学習している。
他のアジアについての専攻でも 学生は増えている。
ザーレ河にのぞむハレ市で9月29日から「ドイツ語
を話す日本学大会」が開かれ、ドイツ・オーストリー・
スイス・日本から約300人の日本学者が集まる。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/ratgeber/jobkarriere/Japanologie-ist-in-article522013.html
 



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。