2009年09月27日

無料市内バスと自転車の利用促進@ベルギーHasselt市

2009年9月16日発:
9月16~22日は「欧州公共輸送充実・自転車
促進週間」(英語で言うと Mobility Week)。
その間は 数百の欧州の都市で 車なしでの移動
について市民は喜んでいる。
ベルギーのハッセルト市では「車なし」は 以前から 
日常のことになっている。
駅と市場広場の間のシャトルバス(振り子バス)
は 旧市街(中心部)の狭い道を「無料で」はしる。
ハッセルトの人口は7万人。1997年から無料で住民と
観光客を乗せている。外国人も無料。
ベルギーで唯一の無料バス。
元は1日の利用者は1000人だったが、今1日に
13000人が利用する。
住民の90%以上はバス停から200メーター以内に
住んでいる。このサービスのために市は年間
100万ユーロを支出する。
市の中心部は小さいので 車が増えるのは
困るからこのサービスが導入された。

ハッセルト市はフランデルン地域と地元雇用主と協力し、
職場から10kキロ以内に住む就業者に 約千台
の自転車を無料で贈っている。ただの自転車と
いうのが成功の鍵だ。
市庁舎の裏に大きい駐輪場があり、管理人が
泥棒を見張っている。無料貸し出し自転車もある。

無料バスについてタクシー運転手は不満だ。
下記サイトから:
http://www.dw-world.de/dw/article/0,,4694945,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。