2009年09月22日

メキシコ・フアレズ市で麻薬戦争の年間死者・最多更新

米国との国境の町フアレズで先週末までに 麻薬
売買ライバルのヤクザ屋さん同士の戦争による
死者は1701人に達し、去年1年間の死者数を超えた。
フアレズでの先週土日だけの麻薬戦争による死者は
14人。ヤクザでない子どもまで殺されている。
フアレズの殺人率は世界一で、2008年に1653人が
殺された。これは10万人あたり130人の殺人
犠牲者である。

アメリカへ麻薬を密輸する道を確保するために 国境
地域でヤクザ組織同士が戦っている。
メキシコ政府は全国の麻薬戦闘の場に 5万人の兵士を
派遣した。フアレズだけでも8500人の兵士がいる。
麻薬マフィアは 2006年に保守的なエンデ大統領
が就任してから約14000人を殺した。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/panorama/Trauriger-Mordrekord-in-Mexiko-article513778.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。