2009年09月21日

喫煙は肺結核の危険を2倍にする

台湾での17000人を対象にした3年間の調査によると、
非喫煙者と比べ、喫煙者は肺結核にかかる
危険が倍になる。
喫煙が免疫による防御を弱めるからだ。
気道粘膜にある細毛の浄化(清掃)機能に 喫煙は
悪影響を与え、感染に対する防衛力が弱くなると、
ドイツ肺炎・人工呼吸器医学協会(DGP)は説明している。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/wissen/gesundheit/Rauchen-schwaecht-Immunsystem-article511381.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。