2009年09月13日

四十雀はコウモリを食べる

シジュウカラが 空腹時に 冬眠中の蝙蝠を襲うのを 
ハンガリーで観察したと Max-Planck研究所の研究者は
報告した。
厳寒の二冬に21日 観察した。その間に 四十雀は
18回冬眠しているコウモリのいる洞穴に
飛んで入った。
コウモリをくわえて 洞穴から出て 近くの木の
上でコウモリを食べることも あった。
北ハンガリーのこの洞穴は 入り口が広く、入って
くる光があるので 鳥が方向感覚を失うこと
はない。
寝ているコウモリが びっくりして 起きる時に 
出す音によって 鳥はコウモリをみつけるらしい。
この音を 鳥学者が スピーカーで流したところ、
四十雀はスピーカーに近づいてきた。
下記サイトから:
http://www.stern.de/wissen/natur/kuriose-biologie-meisen-fressen-fledermaeuse-1508010.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。