2009年08月25日

文楽人形浄瑠璃・日高川町で巡業公演

 2009年10月21日に日高川町高津尾の日高川
交流センターで「文楽日高川公演」が開催される。

 一般の入場ができるのは午後5時開演の夜の部。
演目は「絵本太功記」の「夕顔棚の段」「尼ケ崎の段」
と「日高川入相花王」の「渡し場の段」。
入場料2千円で全席指定。
 昼の部は一般の入場はできず、町内の小学6年生と中学
生1、2年生が鑑賞する。「本朝廿四孝」の「十種香の段」 
「奥庭狐火の段」が演じられる。
 チケットは町産業振興課、日高川交流センター、
美山公民館(同町川原河)でも販売。
 問い合わせは町産業振興課(0738・22・2041)

以上 朝日新聞8月22日 和歌山版から抜粋。

★尼ヶ崎の段は 屈指の名曲。 
「日高川いりあいさくら」では 川を蛇になって
渡る清姫の動きが 華麗です。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。