2009年06月24日

ムンバイの娼婦のための銀行

10万人の娼婦がインドの大都会ムンバイで働いている。
多くはヒモに騙され 金を取られている。そこで この
業界の協同組合銀行は 女性たちが僅かな稼ぎを
貯められるように手助けしている。
グディヤは20歳代で、もう何年も娼館で働いている。
「娘には学校へ行かせたい。素晴らしい結婚式をしてやり
たい。ちゃんとした生活をさせてやりたい。私みたいに
騙されて こういう風になってしまって ほしくない。」
娼婦で銀行口座を持つ人は少ない。グディヤは口座を
もっている。「この銀行は親切で お金の貯めかたとか、
病気についてとか、色々 教えてくれる。私たちを
人間として扱ってくれる。」
この銀行は アジア最大の娼館地区Kamathipuraにある。
この2年で約5000人の娼婦が口座を開いた。自分の
金が無ければ 社会に訴えることも できない。
娼婦も他のインド市民と同じ権利を持つべきだ。

娼婦はインドの他の銀行へいったとしても、身分証明書も
ないし、住所もないし、不法の職に就いているとして
拒否される。
この銀行なら 小口の融資を申請することできる。
最終的には 別の職業に就けるようにと言う目標を
もてる。
この地区に住んでいると、新しい生活を始めるのは 
何光年も はるか先のことのように 思える。

シバンタは 500ルピー(約7ユーロ)を稼ぐ日もある。5人の男
から500ルピー稼ぐ女性もあるし、20人の男から稼ぐ
女性もある。稼ぎの大半は 娼館主とヒモに取られる。
残ったほんの少しの金を 銀行に入れる。
シバンタは稼ぎの少ない場合にだけ 預金をおろす。
シバンタの夢は 金を貯めて、村に帰り、土地を買うことだ。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/ausland/bankfuerprostituierte100.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。