2009年06月24日

合法的薬物のため治療を受けた人は多い、非合法薬物より

2007年に非合法薬物(ヘロイン、コカイン、大麻など)を使った結果、
治療を受けた人は約8万人だった。一方、合法薬物
(酒・煙草・錠剤)を使った結果 治療を受けた人はもっと多く、
約532000人だった。
これは2009年6月26日にWiesbadenで開かれる 
薬物濫用に反対する国際大会で報告される。
飲酒と関連する病気や喫煙と関連のありえる癌で 
2007年に58000人たらずの人が死んだ。他方 
非合法宅物で死んだ人は1375人。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/wissen/koerpergeist/Mehr-Kranke-durch-legale-Drogen-article377997.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。