2009年05月31日

ヒマラヤを写した写真家Kilian Blees

下記サイトの写真をクリックすると 連続写真がでます。
各写真の右側をクリックすると次つぎに写真16枚がでる。
http://sz-magazin.sueddeutsche.de/texte/anzeigen/29379
この写真家のサイトは:
www.flachware.de/kilian-blees

Kilian Bleesは ミュンヘンの写真アカデミーを卒業して写真家。
この6年 ネパール、チベット、中国を撮影してきた。

彼へのインタビュー:
最近 この地域は 途方も無く変った。
ネパールのDolpo地方は長年 旅行者を締め出していた
と聞いていたが 外国人写真家も 受け入れてくれた。
自然のままの 素朴な喜びのある土地だった。ドイツには 
足りない喜びがあった。
もっとも印象に残っているのは 首都カトマンズの近くで 
激しいにわか雨の時に 3人の女子生徒が雨の中で 
踊っていた ことだった。他の人は雨から逃げて行ったのに。
魂が 私に語りかけているように思えた。それが
撮影の始まりだった。

2007年の秋にオリンピックの前に チベットに行った時、
カイラス山の麓のDarchenに着いた時、一つの仏像が
壊されることになった。暴動が起きて、どこにも軍隊が
いた。苦情を言う人は 逮捕された。翌日 その地の
雰囲気は変っていた。中国政府の暴力に無力感を
感じた。 





※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。