2009年05月25日

ロマ(ジプシー)居住区を訪問byドイツの学生

ジプシーは諸国に散らばり どこにも正当には所属していない。
ライプツイッヒ大学の学生たちは東欧を歩いてまわり、
EUで最多の少数民族の人々と出会った。なぜヒンズー語
を話すと ロマに相手にされないのかも 分かった。
新しくEUに入った国々~バルト三国、ポーランド、チェコ、
スロヴァキア、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、スロヴェニアを歩いた。
列車とバスは使えない。ホテルやホステルも禁止。毎日 
住民の家に泊まらせてもらえるように 頼み込むと
いう規則だった。
こうして普通はメディアに出てこない人々と出会い、
国々について新しい見方をもつ ことができるようになる。
EUに約800万~1000万のロマが居る。大半は東欧に住む。
学生のスロヴァキア・チームは 自称 世界で唯一の
プロのロマ劇団を訪問した。
チェコ・チームは 工業都市 ピルゼンのロマ住宅で、
ある家族と偏見について語った。
ハンガリー・チームは ロマ居住区で 一人 信号小屋(??)
に住む男性と出合った。

◎スロヴァキア・チームの旅:
カレル・アダムというロマ劇団の座長は EUは資金難の
ロマ劇団を支援すべきだという構想を持っている。
この学生のインタビューに 報酬として50ユーロほしいと
彼は言った。資金不足のため劇団は縮小し、建物の
改修もできない。取材報酬の50ユーロは この旅の
1日の予算の3倍だと彼に説明すると 例外的に まけて
くれた。ロマは金のない人には 思いやりがあるのだ
と彼は言った。
5人の女性が踊る 舞台稽古を見せてもらった。
踊り子たちは 結婚するために すぐ退座してしまう。
カレルはこの劇団の指揮者でもあり、バイオリンも弾く。
公式にはスロヴェニアに約10万人のロマがいると言われる
が座長によると、少なくとも80万人はいる。しかし政治
の場で ロマを代弁する人はいない。座長は この劇団を
維持するだけで しんどいので、とても政治活動はできない。
劇場は80席しかない。なので 欧州中を巡業する。
今までに ロンドン、ベルリン、モスクワ、パリで公演した。外国で
公演したら 劇団はもっと有名になり、ついには EUも
この劇団を支援することになるだろうと 彼は思っている。
(続く)
下記サイトから:
http://www.spiegel.de/unispiegel/studium/0,1518,625977,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。