2009年04月30日

アフガニスタンでドイツ兵士・待ち伏せされ殺される

ドイツ外相Steinmeierは4月30日にアフガニスタンのドイツ軍野営地を突然訪問した。ドイツ軍のパトロール隊への4月29日の2件の襲撃は この訪問に暗い影を投げかけた。
29日の夜の襲撃で一人のドイツ兵士が殺され 4人が負傷した。
4月27日にも ドイツ軍への 自殺による暗殺攻撃があり5人の兵士が負傷した。
NATOにより管理されている部隊への これらの攻撃は 急進的イスラム主義者 タリバンによる。
同国には今 40以上の国からの7万人の兵士が駐在している。
オバマ大統領は夏までに さらに7万人の兵士と400人の軍指導者を派遣すると予告している。
4月29日にシュタインマイアー外相は アフガニスタンのカルザイ大統領に ドイツはアフガニスタンを支援すると確約した。
外相のカーブル訪問は安全上の理由で予告されなかった。3週間まえにドイツのメルケル首相は北部アフガニスタンのドイツ軍兵士を訪問した。
下記サイトから:
http://www.dw-world.de/dw/article/0,,4215816,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。