2009年04月28日

ヘドロから鳩を救出するのに14人出動

ドイツのフーズム(Husum)の港で ハトがヘドロに落ちた
のを 通行人が見て 警察に連絡した。
水上警察官はヘドロに足をとられ 身動きできなくなり
消防自動車2台が出動し、梯子や救助ゴンドラで 
人とハトを救出した。
経費は 消防署だけで 1500ユーロかかった。
下記サイトから:
http://www.bild.de/BILD/news/leserreporter/2009/04/26/feuerwehrmaenner-und-polizisten/retten-eine-taube.html

(フーズムは 作家テ-オドール・シュトルムの出身地で
彼の記念碑がある そうです)



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。