2009年04月20日

おくりびと・納棺夫の仕事inドイツ

Lennart(35歳)は葬儀屋だ。親族が安らかに別れを
告げられるように遺体を納棺するのが 彼の仕事だ。
納棺夫は死者に敬意を表する。後に残された人が
亡くなった人について 平穏な思い出をもっていて
くれるようにするのが 自分の仕事だと 彼は言う。

ホルマリンを遺体の顔、手、鼻に吹きかける。殺菌剤を
浸した綿を遺体の口に入れる。口の中には細菌が多く、
遺族が別れのキスをすると危険だから。
同じように鼻にも綿を入れる。

バラの花とバニラの香りで殺菌剤の匂いを消す。
マッサージクリームで遺体の顔を撫でると肌は
絹のような輝きを見せる。
リップクリームは念入りにつける。遺族は特に口元を
見るからだ。
目が開いていれば、樹脂を使い 閉じているようにする。
手にもマッサージクリームを塗る
生前 使っていた鬘を着ける。眠っているように見える。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/online/2009/17/reportage-bestatter



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。