2006年12月18日

マニラの共同墓地に住む人たち

数千人が マニラ 最大の 墓地に 住んでいる。
家賃は いらない。死人を 見張り 墓を管理し 賃貸契約の 切れた墓から 骨を
 取り出したりする 仕事を している。
運のいい人は 裕福な家の 墓に 住める。 トイレや 電気の ある 住まいも ある。
墓地の なかの 通路は 村の道の ように にぎやかだ。
カラオケ屋もある。
夜も 犯罪は ほとんど 起きない。夜は まっ暗闇 なので 出歩く人も ない。
子どもは 普通 ろうそくで 勉強する。「 おばけは TVに でてくるだけ なので 怖くない」と 
子どもは 言うが、しかし 確かに 幽霊を みたと言う 人は 何人も いる。

下記 18日の ドイツのメディアの サイトから要約。
記者は 東京支局 所属. マニラまで 取材に 行ってくれた??
http://www.tagesschau.de/aktuell/meldungen/0,1185,OID6206690_TYP6_THE_NAV_REF1_BAB,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。