2009年02月28日

娼婦ドメニカ・疲れを知らない闘士を送る葬列inハンブルク

2月14、15日のこのブログにも書いたDomenicaさんに
ついて 下記サイトに8枚の写真があり 
葬送を報じています。
「聖なる娼婦があるなら それはドメニカだった」。
約500人の友人、知人、元の同僚は 彼女の職場
だったハンブルクのヘルベルト通りを 寒さの中を歩いた。
彼女の写真を持つ人 花束を抱える人もあった。
葬列には音楽隊も加わった。
1970~80年代に彼女は 娼婦として顔だしし、娼婦の
権利のために尽力した。
自覚を持った女性だった。
ミュンヘン、ハンブルクで娼婦として働き、退職後 街頭補導師と
なり、居酒屋を持った。
http://www.stern.de/panorama/:Hure-Domenica-Abschied-K%E4mpferin/656249.html?cp=1



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。