2009年02月17日

ペンギン減少・獲物の魚まで遠くなり

アルゼンチン海岸のペンギンは 気候変動と 大西洋での
漁獲の過多により 雛に餌をやれなくなり、減っている。

マゼランペンギンは 親鳥の一羽は巣に留まり雛と一緒に
いて、もう一羽は一家のために魚を取りに海にでる。
シアトルのワイントン大学の Dee Boersmaの調査によると
海岸沿いの海は 魚の取り過ぎで 魚が減っていて、
そのうえ 気候変動が魚の総数に影響を及ぼして
いるため10年まえと比べ40キロも遠くへ餌を探しに 
行かなければならない。往復80キロ 泳ぐことになる。
これは しんどい。待つ方も飢えに 苦しむ。
研究者は パタゴニアのプンタ トムボで25年以上 調査した。
この22年で ペンギンの集落は1/5も減った。
ペンギンの個体数減少の理由は 気候変動、
魚の取り過ぎ、流出した石油による海水の汚染だ。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/1102229.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。