2008年07月31日

オランウータン溺死@ハンブルク動物公園

来園者が小さいパンを 囲いの中へ投げ込まずに 
堀の中へ投げ込んだので オランウータンはパンを取ろう
として、水に落ち 溺れた。
オランウータン ライラは10歳。この動物園で生まれ 育った。

動物園設計士 Peter Rasbachは次のように語った:
類人猿の囲いに堀を作らないといけないか 
どうかについて 議論がされている。
ハノーファの動物園で ゴリラが数年前に 堀に落ち 
溺死した。ゴリラは水に浮かんだ西洋葱を 掴もうとして
バランスを崩したのだ。
類人猿は 泳げないのだから、類人猿の囲いに 
堀を作るのに 反対する 動物園長は このゴリラの
事故以来、かなりの数になっている。
動物園では 今後も 堀を作るけれど、安全のために
格子や網を付け、猿が溺れないようにする。
下記サイトから:
http://www.stern.de/wissenschaft/natur/:Hamburger-Zoo-Orang-Utan-Tierpark/632886.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。