2008年07月25日

中国は公害を撒き散らす

世界でもっとも空気の悪い都市26に 中国の都市が
16も入っている。
国の指導者が 環境への意識を持っていないので
はない。腐敗した地方の党幹部のお陰で 努力は
挫折する。
その結果 中国は地球上 最大の 公害撒き散らし工場
になっている。

中国はこの10年 8%以上の成長率を保っている。
しかし 中国の人々は それに高い代償を払ってきた。
世界保健機構の報告によると 中国では 毎年65600人
が排ガスのために死んでいる。これは 高成長のせい
だけでなく、効率の悪い生産方法にもよる。
同じ価値のある物を作るのに 中国では 日本の7倍の
資源を使う。アメリカの6倍、インドの3倍の資源を使っている。

中国の大きい川のうち半分の水は まったく利用できない。
4人に1人は飲み水がない。
ゴミと排水の80%以上は 処理されていないか、
浄化されていない。

中国の環境保護法は ドイツの助言者と共同で作られ、
世界でも一番 良いほうである。問題は汚職にあり、
地方の党幹部は私腹を肥やすために、規則を無視する。
下からのコントロールは無いので、中央政府は計画を
実行できない。

下記サイトに 北京の労働者宿舎にある汚水溜池の
写真があります。
90年以降の人口推移を示すグラフ、92年以降の輸出額の
グラフもあり。
7月1日から買い物のビニル袋が中国で禁止された
ことについての動画もあります。

http://www.stern.de/politik/ausland/:Gigant-China-Dreckschleuder-Erde/631910.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。