2008年07月22日

ドイツのブロガーの特徴

アメリカのブロガーと比べ、ドイツのブロガーは 公開の討議に
影響を与えるほどの 力も意義も 持っていない。
大半のブロガーは 非政治的で 独断的で、自分に
関連した 非専門的ブログを書く。

罵りたいというのが ブログを書く 主な前提になっている。

ドイツでは 口論をしたいという欲望が未発達なので
ブログの需要も少ない。

約50万のドイツ語 ブログがあり、そのうち 活動している
のは約20万。

ドイツでは 5人に1人が ブログを読んだことがあり、
アメリカと日本では 3人に1人が ブログを 読んだ
ことがある。韓国とオランダでは 40%の人が ブログを
読んでいる。

下記サイトから:
http://www.spiegel.de/spiegel/0,1518,567038,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。