2008年06月30日

ホモはつらいin回教徒世界

ドイツでは Christpher Street Day を同性愛者は 
にぎやかに 祝う。しかし 回教国の ホモは悲惨な
目にあっている。

Leventが 親に連れられて 精神科医へ 初めて行った
のは13歳の時だった。医者は「異常」だと診断した。
男の子が 男の子に引かれるのは 道徳にも コーラン
にも反すると言われる。
彼は今 22歳。「自分の性向を押し殺すのは止めた。
しかし13歳から18歳までの生活は 自分と 治療との 
間の苦しい闘いだった。」

大半のイスラム教国では 同性愛者は 狩り立てられ 
法律の保護の外に置かれる。

トルコのイスタンブールの歓楽街Beyogluに 
ホモもレズも集まるカフェがある。
トルコの同性愛者の37%は 質問表調査によると 
暴力にあっている。危険を避けて 引っ込んで
いることになる。
レバノンの首都ベイルートには ホモの権利に力を
入れる アラブ世界唯一の 組織がある。

中東の同性愛者いとって 国家による抑圧が 
最大の危険だ。イラン サウジアラビア スーダンの 
ようなイスラム国では 同性愛は 死刑の対象である。
モロッコのように それほど保守的でない国でも 
同性愛は禁止されている。アラブ首長国連邦では 
ホルモン療法が勧められる。パレスティナでは 
同性愛者から 金を取るために 警察が法律を盾に
して 同性愛者を脅すこともある。
エジプトは例外で 同性愛を禁止していないが 
迫害されている。
数年前に ナイル川の船上で同性愛者がパーティを
しているところへ 警察が踏み込んだ。参加者は
逮捕され、殴られ、新聞に名前が載せられた。
エジプトでは ホモの男が百人以上 刑務所に
入れられている。

イスタンブールは イスラム教圏では 避難所になって
いるように見えるけれど、Leventは安心していない。
なぜ 中東の役人は 同性愛者を迫害するのかに
ついて、イスラム教は 説明していない。
軍はホモを病気だと考えているので ホモは兵役に
就かなくていい。
トルコの裁判官も 同性愛を阻止することに専念して
いた。イスタンブールの裁判は 5月末に 同性愛の
人権団体を禁止した。
回教国の多くの 父権社会では 男らしさという妄想が
大事だ。差別の背後に この妄想がある。

差別への対抗手段は デモ行進だと Leventは言う。
今週 トルコで ゲイパレードがあった。「ホモも 
この町に一部なのだと いうことを 示したかった」。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/2008/27/Homosexuelle-Islam?page=2




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。