2008年03月30日

障害者・病人デモ行進inパリ

障碍者や病気の人が まともな生活費を求めてデモをした。
フランス全土から 貸し切りバス 飛行機 特別列車に乗って、
主催者の発表では 3万人がデモに集まった。
多くの人は 車椅子や松葉杖で参加した。
プラカードには「障碍を持つということは貧しいという事」
とか 「月628ユーロでは物を買えない」と書かれていた。
(1ユーロ=155円)
フランスの大半の障碍者は 月817ユーロの貧困限界 
以下で生活している。働く能力のある障碍者のうち 
5人に一人は 失業している。
障碍者組織は 少なくとも1280ユーロの最低賃金を求めている。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/941067.html?290320081622



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。