2008年03月21日

顔面の癌で顔が崩れた女性死亡

このフランスの女性は7年間癌と闘い 痛みは耐え難くなり、
死ぬ権利を求めて裁判所に訴えていたが、却下されていた。
その後 3月19日に彼女は死んでいるのが 見つかった。
誰かが 彼女の死を 手助けしたか どうか 分かっていない。
この事件を通して フランスでは 死ぬことへの援助に
ついての議論が起きている。
この希な癌は 鼻の穴から顔を浸食し 視神経を冒し、
激痛をもたらす。
彼女は痛みを抑えるモルヒネに 耐えられなくなって
いたし、外出する勇気も無くしていた。
フランスの首相 フランソワ Fillonは 3年前に可決された 
死亡援助法を 指示していた。この法では 医師は治療を
止め 受動的死亡援助をすることができる。
下記サイトから:
http://www.heute.de/ZDFheute/inhalt/22/0,3672,7183350,00.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。