2008年03月16日

志ん生さん・大連からの引き揚げ船内で子ども達にお話し会

3月15日産経新聞に第12回プロミス約束エッセー大賞の入賞作品が
でています。
下記サイトでも 読めます。
http://sankei.jp/ad/promise12/

志ん生さんは 満州に巡業に行っている間に 敗戦になり 引き揚げの
途中 船内で 子どもたちの ために 毎日 話しをされたそうです。
エッセー大賞で優秀賞を受けた大西功さんの作品は 当時11歳で 
そのお話を船内で 聞いた思い出を 書かれたものです。

ご子息の志ん朝さんは 獨協高校でドイツ語を習った方で、
コンサイス独話の編者 国松教授との 対談は 三省堂のサイトで
読むことができます。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。