2008年01月26日

ケニアの観光業界は危機に

普通なら1月に ケニアの美しい浜辺に旅行客が押し寄せる。
しかし 政情不安と暴動のために 観光客は激減した。
既に いくつかのホテルは営業を止めている。
あるドイツ人ホテル経営者はケニアの南海岸で営業していて、
普通この時期 1月には 平均75-85%の稼働率であったが 
今は20-25%に落ち込んでいる。
内陸部のサファリと海辺とで 90%の収入が消えた。
誰もサファリになど 行かない。
観光業者団体は ホテル・商業・サービス業で3月末までに 
12万人が失業するだろうと 心配している。
ドイツ人とスイス人は 永年にわたってケニアの
観光業界の上得意だった。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/wirtschaft/kenia230.html



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。