2010年08月08日

サウナ世界選手権大会で死者

ヘルシンキで標記の大会があり、その決勝戦に
勝ち残った二人は110度で 6分間、耐え、ついに
衰弱した。一人(ロシア人)は死亡し、もう一人
(フィンランド人)は入院した。
今年度の大会では どのくらい長時間、高熱の
サウナの中で我慢できるかを 競った。最終ラウンド
では 30秒ごとに熱を上げていく。
下記サイトから:
http://www.welt.de/vermischtes/article8884259/Toter-bei-Sauna-Weltmeisterschaft-in-Finnland.html

★ 丈夫な人が 阿呆な競争をして死んでいくのは 悲しい。
大酒飲み大会で 死ぬのも 同様に 気の毒でならない。  


Posted by jtw at 20:22Comments(0)