2010年08月04日

フランスはジプシーを国外退去させたい

フランス内務相 Hortefeux は 滞在認可書類をもたない
ジプシーを故国に退去させる意向だ。
人権活動家と左派の野党は 少数派を犯罪に走らせては 
いけないと警告している。
2009年に 不法滞在のジプシーのうち1/3(約1万人)が 
強制退去させられた。これらの人々のほとんどは 
奨励金を受け取っていたが、その多くは また
フランスに戻ってきた。

フランスに居るジプシーの大半は ルーマニアと
ブルガリア出身である。両国の警察と協力し、
フランスはジプシーの再入国を防止したい。

不法野営地のうち半数 300についても 10月末までに 
居住者を立ち退かせたいと 内務相は述べた。
このうち100は キャンピングカーで 生活する
フランス人が駐車している。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/politik/minderheiten-frankreich-will-roma-abschieben-1.981581  


Posted by jtw at 18:44Comments(0)