2010年05月14日

メキシコ湾原油もれを髪の毛で吸い取る

公益組織 Matter of Trust は世界中の人々に 油を
吸い取るための 切った髪の毛とペットの皮を寄付
してほしいと呼びかけた。呼びかけの応えて37万の
散髪屋と10万のペット・サロンと多くの羊飼いが 
この組織に 1日に204トンの毛と皮を送ってきている。
ボランティアは 寄付された毛を大きく長いナイロン
のストッキングに詰める。ストッキングはつなぎ
合わせ、海中や浜に置かれる。

これを思いついたのは アラバマ州の理容師 
Phil McCroyで、
1998年の エスソン・バルテスの油漏れの時だった。
彼はパンストに毛を詰め、自宅のプールに油を入れ
実験したところ、数分で毛を詰めたパンストは油を
吸い プールはきれいになった。
髪の毛は油を吸うと その重さは6倍になる。

もっとも、海の油に勝てるかと言うと疑問だ。
下記サイトから:
http://www.bild.de/BILD/news/2010/05/09/oel-pest-golf-von-mexiko/amerikaner-saugen-oelteppich-mit-haaren-auf.html  


Posted by jtw at 20:53Comments(0)

2010年05月13日

ドイツの卓越した社会事業支援者に子どもが質問する

Dietmar Hoppは欧州最大のソフトウェア製造会社SAPの
創業者。そして児童、青少年のために数百万ユーロを
投資している。
(日本財団の笹川さんのような)この御方が70歳に
なった日に 彼の「実社会へのホイッスッル」協会
から支援をうけている5人の子どもがインタビューした:

マリオ(17歳): 人はどうやったら善人になるの
でしょうか。
ホップ:間違った道に入った人の多くは 不運でも 
あった。そういう人は ちゃんと発達していくのを
妨げる 生活環境に生まれた。人は人を手伝うことを 
通して善人になる。

ヨシュア(11歳): 人を手伝う気持ちをもつことは 
なぜ大事ですか。
ホップ:そういう気持ちは社会を支える柱のような
ものだ。利己主義だけでは 社会は成り立たない。人を
手伝おうという気持ちは 社会を平等にする、調整する。
経済的に恵まれない人も 社会を共に分かち合うことが 
できないといけない。

リア(13歳):どうやって お金持ちになったのですか。
ホップ:運がよかった。いい時に いいパートナーと
一緒に いい考えを実行に移すことができた。ソフト
ウェアは昔、まったく新しい分野だった。

ロイ(14歳):大金持ちになると 幸せになりますか。
ホップ:まぁ不幸にも ならないだろう。人々のうちの
半分くらいは どうやって生活をしていこうかと
心配しなければ ならないのも 確かなので 金の
心配のないことは 有り難いと思う。

セヴダ(10歳)友達は多いですか。
ホップ:私がうまく いっているから 人は近づいて
くるのだと 思う人もいるけれど、この歳になっても 
少年の頃や 大学の頃の友達が まだいる。

ヨシュア:子どもの頃、誰を手本にしていましたか。
ホップ:10代では Fritz Walterというサッカー選手
だった。今は この世を良くしようと思っている
人達を手本にしたい。

マリス:「実社会へのホイッスル」協会は ホップ
さんがサッカーファンだから そういう名前に
したのですか。
ホップ:協会は 私の財団の青少年活動を調整する
公益法人です。子どもを スポーツの面でも 学校の
勉強の面でも 支援しています。そして 社会で生きて
いける能力を獲得し、職業に入る準備ができるように
しています。
立場の違う子ども達を統合し、受け入れる社会にする
ことも大事です。移民してきた人の子どもや 社会的に
困難な立場の子ども、車椅子の子どもも支援しています。

ロイ:子どもを支援することに なぜ喜びを
感じるのですか。
ホップ:子どもは 私達の未来です。青少年を支援して 
将来の見通しを与えることが 私にとって重要です。
薬物依存、アルコール依存など 色々な病的依存があり、
多くの危険が待ち構えています。だから そういう
危険な状態に入り込まないように 別の選択肢を
提供するプログラムが ホントに大事です。
下記サイトから:
http://www.bild.de/BILD/politik/wirtschaft/2010/04/26/dietmar-hopp-sap/fuenf-kinder-fragen-deutschlands-wichtigsten-goenner.html  


Posted by jtw at 17:37Comments(0)

2010年05月12日

忠犬inギリシャ/デモを護衛する犬・写真11枚

経済破綻のギリシャについての記事が多いけれど 
これはアテネでデモに参加し続ける犬について:
写真1. 国家権力に一匹で立ち向かう犬。
デモの最前列で吠える。犬は長年デモに参加し、
インターネットで有名。
2. 5月5日にも「騒乱犬」はガスマスクも付けずに 
デモの先頭に立つ。
3. この犬は常にデモに付いている。これは3月16日。
この犬のフェースブックがあり、18000人以上が
共感を寄せている。
4. 2月10日 この日は落ち着いている。
5. 2009年12月には 1年前に警察に射殺された
15歳の少年について 抗議デモがあり、犬も参加した。
デモに出てくる犬は同じ犬なのか どうかはっきり
しないが それは どうでもいい ことになっている。
6. 地下鉄の駅で寝る別の犬。ギリシャには うろつく
犬が ようさん居る。こういう犬は観光客に付いて
いって 餌をもらう。しかし「騒乱犬」は餌のため
でなく、正義のために行動する。
7. 2009年12月にまた 騒乱犬は現れた。
8. 2009年2月に ギリシャ国会前のデモにも参加。
9. 2008年12月 15歳で少年が殺される少し前にも
 騒乱犬はデモに参加した。警察は催涙ガスを
使ったが 犬は怯まない。
10. 騒乱犬は常に平和的 観察者であり、噛み
付いたりしない。
11. 2008年12月9日に騒乱犬は 最前線を超えて
進んだ。これは 2年半の間で記録された騒乱犬の
最初の写真である。
下記サイトから:
http://www.stern.de/panorama/treuer-demo-begleiter-ein-athener-hund-macht-karriere-1565626.html  


Posted by jtw at 18:54Comments(0)

2010年05月11日

「クサ」との「イクサ(戦)」

★元記事の見出しは ダジャレなので 朝から
考えて こういう日本語になった★

テキサス州Brooks郡の治安監視人たちは この十年間
に200トン弱のマリフアナを押収した。6人の警官と
1人の犯罪担当者からなる警察署としては立派な
業績だ。
押収した大麻を保管する場所が足りなくなった。
ごみ焼却所で大麻を処分するには3万ドルもかかる
ということが分かった。
倉庫にある大麻の多くは ビニルフィルムに
包まれていて ビニルと大麻を分別するのに 
警察官が何週間もかかる量である。
そのうえ、卓越した保安官の働きにより、この
16ヶ月に さらにトラック2台分のマリフアナが
増えた。
しかしブルックス郡の治安監視人にとって希望はある:
この窮状が報道されると 大麻の破棄を無償で
手伝いたいという申し出が 州全体から
寄せられている。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/schlusslicht/marihuana102.html
  


Posted by jtw at 15:58Comments(0)

2010年05月10日

性労働者はワールドカップin南アに集結

南アフリカでのワールドカップに40万人のファンが
世界中から来る。
その人達を 東欧や他のアフリカ諸国からの出稼ぎ
娼婦4万人も待っている。
南アの人口の16%は HIVに感染しているので
当局は 安全に注意するよう勧告している。
下記サイトから:
http://www.bild.de/BILD/news/2010/05/08/suedafrika-fussball-wm-sex/40000-zusaetzliche-huren-erwartet.html  


Posted by jtw at 09:02Comments(0)

2010年05月09日

ゲイ・パレードへ暴力的抗議inリトアニア

EU加盟国リトアニアの首都ビリニュスで同性愛者
の権利のためのデモに反デモの人々が石、瓶、
花火を投げつけた。警察は催涙ガスで反デモを
解散させた。
19人の反デモの人が逮捕された。その中にリトア
ニアの国会議員もいた。

ゲイパレードは禁止されていたが、国際的圧力と
判決により、禁止は取り消され 開催される
ことになった。
ゲイパレードはリトアニアでは初めてだった
。同性愛者、性転換者、両性愛者がリトアニアで
抑圧されていることに 注意を向けさせたいと
主催者は語っていた。
ゲイパレードの参加者は約300人。その中に 
スエーデンの欧州大臣 Birgitta Ohlssonと 
ドイツ国会議員Volker Beckもいた。
「特別の権利でなく、人権を守ることが問題だ」
とOhlssonは言った。
反デモ隊には 約2000人から3000人が参加した。
ネオナチと暴走族はゲイパレードを攻撃すると
予告していた。

リトアニアでは 学校で同性愛であることを
「公然と示す」ことを法律で禁止していたりして、
しばしば国際的に非難を受けている。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/ausland/litauen110.html  


Posted by jtw at 15:46Comments(0)

2010年05月08日

シベリアの収容所に送られたドイツ兵(45年5月にドイツ降伏)

(日本もドイツと同時に降伏していれば よかったのに
3ヶ月の遅れは なぜだったんでしょう?)

1945年5月にドイツは降伏し、その時にHans-Joachim
Muschiolの苦難が始まった。1925年生まれの彼は捕虜
になり 1950年までソビエトの収容所に入れられた。
降伏した時、彼はバルト海沿いの岬にいた。ソ連兵は
ドイツ軍の陣地で武器を検査し、空腹のため食料を
取り上げた。
ドイツ兵はバルト海の海水浴場Kahlbergに輸送され、
さらに東プロイセンのTolkemitへ送られた。
そこからBraunsbergに歩いていった。Braunsbergから
貨車でモスクワの方向へ送られた。どこへ行くか、
監視役は言わなかった。果ての無い旅のように思われた。
ハンスーヨアヒムは いつか救出されると信じていた。
モスクワまで150キロのところで貨車は止まり、
ドイツ兵は 幾つかの戦犯収容所に分けられた。
厳しい労働、些細な違反に対する処罰への恐怖、
耐えない空腹感が 収容所で 待っていた。ドイツ兵
がソ連でしたことに対する報復だった。監視役の中には 
戦犯を責めさいなむ人もいて、多くの戦犯は生き
延びられなかった。
1948年12月10日に彼は15年の強制労働という
判決をうけた。同じ日にニューヨークの国連では 
12月10日を「人権の日」と定めた。
国連と無縁の彼は 他の約1200人の仲間と共に
1950年4月まで シベリアの収容所にいた。1950年
4月にスターリンは恩赦を発表し、彼は釈放された。
当時の東ドイツに送られ、1950年4月27日に 
オーデル河畔のフランクフルトに着いた。
彼は 戦犯とされたナチ親衛隊の兵士と親族 
1100万人以上のうちの一人だった。
120万人以上は収容所で死んだ。戦犯の最後の帰還は 
1955年だった。
下記サイトから:
http://www.dw-world.de/dw/article/0,,5523567,00.html

  


Posted by jtw at 20:24Comments(0)

2010年05月07日

乳幼児期の苦しみ・悲しみ

幼い頃の経験は一生に影響を与える。
人は同じ機会をもって生まれてくるのではない。不運は
子宮から始まっている。
胎児が変な物質にさらされたら 一生、続く障害を
持つこともある。
妊娠中の強いストレスは 子どもに 後で精神的に
特異な症状を引き起こすことがある。
生後約5年間は 子どもの健康に長期に影響を与え、
一生を決定する。
栄養をとり、テレビやDVDを見すぎないようにし、
特に大切なのは 親や 適切な親代わりの人から
愛情を受け取ることが 子どもの成長にとって 
決定的な変数である。幼いときの経験は大切であり、
その経験を修正することは 実行可能であり、
報われることだ。

写真1. 助産婦や看護婦が生後2年間 赤ちゃんを
家庭訪問して 見続けると、そのようなサービスを
受けた家庭では 依存性の問題、精神的障害、
パートナーとの争いは少なくなる。

写真2. 1993年にアメリカの心理学者Frances Rauscherは 
モーツアルトの音楽を聞かせると知能検査で良い評価を
得られると発表したが、最近のウィーンの学者たちの
研究では そんな効果は無いとされている。

写真3. 里親のもとで いい機会を持つことができる。
デラウエア大学の研究者達の調査では 生後31ヶ月
までの子どもで、養育放棄された339人の子どもを
2グループに分けた。一つの群は 子どもを養育放棄
した実の親のもとで 暮らし、もう一つの群は 
里親に委ねられた。唾液中のコルチゾールを測定した
ところ 養育放棄する親に育てられる子どもの群では 
精神的に高い危険にさらされていることを 示す
結果がでた。
ルーマニアでの調査によると、施設にいる子どもで 
上記のような気の毒な状況で成長した子は 施設病
(ホスピタリズム)の症状を呈していた。これらの
子は できるだけ早期に そして長期に 愛情の
豊かな親代わりの人に引き取られたら、子どもの
状態は良くなった。

写真4. タバコを吸う母親の子どもは 生後12年
までの間、睡眠障害を しばしばもつ。よく眠ることは 
体と精神の発達にとって大切なので、タバコはよくない。

写真5. カナダで1300人の子どもを長期に調査した
ところ、テレビの見すぎは 神経の働きに危険である
ことが 分かった。

写真6. 抗うつ剤(SSRI)を妊娠中に飲むと 子どもに
影響がある。そういう子は3歳のときにも 
ひきこもりで、心配そうで、鬱状態である。

写真7. カリフォルニア大学リバーサイド校の
研究者達によると 2歳から25ヶ月までの 子どもに 
DVDで言葉を教える教材を見せても、DVDを見ない子
と比べ、テストの結果は同じだった。親としゃべって
いた方が 学習効果は 上がる。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/wissen/140/510261/text/  


Posted by jtw at 17:43Comments(0)

2010年05月06日

メキシコ湾・油流出惨事/写真19枚

写真1. 生態学的に傷つきやすいミシシッピ河口
デルタやルイジアナの沼地には魚、カニ、哺乳動物、
鳥類が多く住んでいる。
2. 5月5日に油コンツェルンBPは 三つの油の
漏れ口のうち、一つを塞いだ。海底の穴に直接、
巨大な丸屋根をかぶせ、残り二つの大きい穴を塞ぐ
予定だ。
3. ミシシッピ河口とルイジアナの沼地で600種以上
の野生生物の命が危険にさらされる可能性がある。
4. 12隻のカニ船と10隻の救難艇が 水泳場の
浮き障壁を敷設して 油の塊が広がらない
ようにしている。
5. 油にまみれた海鳥を救うために ニューオーリンズ
の近くの刑務所の受刑者約80人は ルイジアナの
海岸で働く。
6. 海亀も死んだ。
7. 幼魚は海面を流されていく。油は海面で もっとも
毒性が強く、海面にいる野生生物はもっとも
傷つきやすい。
8. 浅い海域に特別のコンテナを置いて 油が岸に
来ないようにする。このコンテナは繊維質の素材を
含み、それが油と化学反応をおこし、油を水から離し 
固める。
9. ハリケーン・カタリナよりも 酷い状況になる
のを心配している。
10. 漁師は 空気を入れて膨らませる障壁によって 
漁場を守ろうと奮闘している。油漏れをおこしたBPが 
漁師を雇っている。
11. ミシシッピ河口は 熱帯から渡ってくる 歌鳥、
鶴、サギ、シギ、猛禽類のこのむ土地だ。
12.悪天候のため 事故の後、数日間は 油を防ぐ
障壁の設置が妨げられた。
13. このカツオドリは 油を落としてもらっている。
14. 5月2日にオバマ大統領も被災地を訪問した。
15. ミシシッピ河口に近い海域に タイセイヨウ
バンドウイルカが集まる。
16. ルイジアナ州ベニスの南で 研究者は採取した
砂を見せている。この地域は海によって生活している。
港、アクセサリー店、ガソリンスタンドは 漁業と
素人の釣りが頼りだ。飲食店業は14万人の就労人口
をもち、年間50億ドルを稼ぐ。エビを採り牡蠣を
養殖している。
17. カニは油で汚染されているかもしれないので、
もとの海に戻している。
18. アラバマ州の海岸に あと数週間で 海亀が
産卵のために上陸する。油がミシシッピ河口に
到達すると 最悪の事態になる。
何人かのボランティアが 油を拭き取るために 
かけつければ いいというようなものではない。
沿岸の沼地は船でしか 行けないところが多い。
19. 油が傷つきやすい海岸に到達するのは 時間の
問題だ。今 すべての渡り鳥は ミシシッピ河口
地帯で巣を作っている。
下記サイトから:
http://www.stern.de/wissen/natur/oelkatastrophe-im-golf-von-mexiko-das-oel-bringt-den-tod-1563416.html  


Posted by jtw at 15:53Comments(0)

2010年05月05日

麻薬戦争inメキシコ

イレーネ・ガルシアは麻薬売人に拉致され、井戸に
投げ込まれ、その10日後、5月3日に救出された。
彼女は村長の娘で40日前に誘拐された。
村人が 低木の茂みの中に 恐ろしげな有様の人を
見つけた。その人は凄まじい悪臭を放ち、眉毛に
ウジ虫がぶら下がっていた。イレーネが井戸から出て、
助けを求めていたのだった。
10日前に人質救出は失敗していた。その後、他の人の
死体と一緒に イレーヌは深さ6メーターの井戸に
投げ込まれた。誘拐犯は彼女も死んでいると思った
らしい。彼女が救出された翌日に警察は井戸に
3人の腐乱死体を見つけた。

メキシコ北部では アメリカへの麻薬搬送路を
巡って 麻薬組織同士が抗争している。この殺人
事件も 麻薬組織によるものと思われる。
2006年の末から今までに メキシコの麻薬戦争に
よる死者は約23000人になる。
下記サイトから:
http://www.stern.de/panorama/entfuehrungsdrama-in-mexiko-geisel-ueberlebt-zehn-tage-in-brunnen-voller-leichen-1563854.html
  


Posted by jtw at 12:38Comments(0)

2010年05月04日

性的虐待(下)

小児愛の人については、小児愛という好みを持っていることを
自分で認めることが大切だ。治療が目指すことは 小児愛の
人の中で 子どもがファンタジーに留まっていて、子どもへの
性的行動に至らないようにすることだ。
小児愛の女性について、男の場合よりも 謎めいた 
うしろめたい場は広い。女性が小児愛の犯人になると
いうことは タブーだからだ。

聖職者の独身生活と小児愛の間に関連があるか どうか 
論じられているが、スポーツクラブでの小児愛と比べ、
教会で性的虐待が多いという科学的データはない。
しかし カトリック教会は独身生活によって 性の問題を
解決すると約束していることについて Feilは疑問を
持っている。
下記サイトから:
http://www.welt.de/wissenschaft/article7410874/Sexuellen-Missbrauch-kann-man-nicht-vergessen.html  


Posted by jtw at 15:47Comments(0)

2010年05月03日

性的虐待(上)

少なくとも10人に1人は 一生に一度、性的虐待を
受けている。性的虐待は身体的接触を伴なうとは
限らない。犠牲者は しばしば犯人を知っている。
心理療法士 Markus G. Feilは小児愛や 性的虐待の
犠牲者にとっての 魂の成り行きについて インタ
ビューに答える:

身体的接触がなくても虐待になる。たとえば露出して
見させることも虐待である。脅しも性的虐待に入る。
わいせつな電話をかけることも虐待である。
性的虐待の結果として 重度の信頼欠損が生じる。悪夢を
みるようになったり、学校の成績が悪くなったり、
ひどい鬱になったり、人格障害をもったり、自傷行為を
引き起こしたりする。被害者にとって 人間関係・
愛着関係を結ぶのが 困難になったり、家庭をもつ
のに困難になったりすることがある。
通常、忘却は助けにならない。たとえば第二次大戦中に
酷い性的虐待をうけた人々のなかで 初老になって
から 経験を語り始める人も多い。

犠牲者に 中立的な公的相談窓口を提供することが
大切だ。虐待の行われた場の中に相談窓口を置いても 
多くの被害者は 近づきにくい。(訳者の蛇足:児童
養護施設の中に「第三者委員会」があっても 理事の
友人が 委員長だったりすると 相談に行ける
ものでない)

女性は自分を犠牲者として見ることに 用意が
できているが、男性は 性的虐待をうけても(養育
する立場の人から 性的虐待をうける男児は多いのに)
自分を犠牲者を認めないことがある。

性的虐待は子どものときに 養育者(親、教師、
施設の職員)によってされる場合は 被害者が成人し
てから 被害について 考えをまとめ、訴える
ことになる。

性的虐待の行われる場が 家庭や軍隊である場合、
内部で もみ消される。被害者がシステムの外に 
信頼できる相談相手を見つけられるように することが 
大切だ。

大半の性的犯罪は 被害者の近くにいる人々による。
犯人と犠牲者は よく知っている間柄だ。物陰に
隠れていて 飛びかかるという図式は 性犯罪では 
例外的だ。

小児愛の人は治療できないが 性的好みをコントロール
するよう学習することは できる。
大半の犯人は 人格において、自己意識に問題をもち、
意思を押し通すことに問題をもつ。パートナーとの
衝突を避けて 弱い子どもに向かう。
下記サイトから:
http://www.welt.de/wissenschaft/article7410874/Sexuellen-Missbrauch-kann-man-nicht-vergessen.html  


Posted by jtw at 19:54Comments(0)

2010年05月02日

トーゴ独立50周年・アフリカの小さい国の大きい苦しみ

トーゴは西アフリカ、ガーナの東。その東はベナン、
北はブルキナファソ。
首都ロメは大西洋に面する。(探すのに ナンギする)
トーゴはドイツの「模範的植民地」だった。第一次世界
大戦の後、フランス領になった。今年、トーゴは
独立50年になる。しかし そもそも50周年に 祝う
ことがあると 思っている人は少ない。
国民の百人のうち まともな職業を持っているのは2人
しかいない。こう成り果てたのは 植民地としての
歴史と 国家を破滅に導いてきた政治のせいである。
Kwassivi Francis Amegan 教授は 数十年、トーゴ
国立文書館でトーゴの歴史を研究してきた。彼は 
1960年4月27日 独立の日を 今も思い出す。
独立して3年後、希望の星だった初代大統領 Olympio 
は殺され、独裁者 Gnassingbe Eyademaが跡を継ぎ、
トーゴを警察国家にした。
2005年に彼は死に、息子の Faure Gnassingbeが不正
選挙により 大統領になった。これに抗議した市民に
軍が発砲し 500人以上が死んだ。
世襲君主制である。
2010年3月4日にまた選挙があり、大統領を支持する
政党が勝った。これについても5年前の選挙と同じ
不正選挙だという抗議がされている。
前と同じ 流血の惨事がおきることを心配する人は多い。
1960年の独立以来、トーゴに民主的選挙はない。
下記サイトから:
http://www.dw-world.de/dw/article/0,,5524607,00.html  


Posted by jtw at 19:52Comments(0)

2010年05月01日

金華鳥は他の金華鳥の巣に卵を生む

金華鳥(ドイツ語で「縞馬鳥」のような名)は欧州で
好まれる鑑賞用鳥。
金華鳥の巣にある卵の五つに一つは 別の金華鳥の卵だ。
SeewieseにあるMax-Plank鳥類研究所のHolger Schielzeth
によると 群れの親鳥と子どもの遺伝因子を調査した
ところ、卵の20に一つは 別の親の卵だった。
託された卵のうち約1/3だけが 育ての親によって 
無事に育つ。
自分の卵を育てるだけでなく、よその巣に卵を預ける
雌の金華鳥は 多くの卵を生むけれど、托卵しない
雌と比べ、多くの子どもを持つわけではない。
もし托卵した鳥の方が 多くの子孫を持つとしたら、
托卵して 自分では育てない金華鳥がもっと増えた
だろう。
下記サイトから。金華鳥の写真もあります:
http://www.n-tv.de/wissen/weltall/Zebrafinken-sind-Rabeneltern-article849545.html

★ 中国 浙江省に金華という市があって
そこから交換留学生が和歌山大学にも 毎年きている
ようです。金華鳥の故郷は ここなのか どうか?

  


Posted by jtw at 18:34Comments(0)