2010年05月22日

人身売買。ヴゥドゥーの儀式で女性を言いなりに操る

ドイツで強制売春を人身売買の問題は ますます
深刻になっている。去年「性的搾取のための人身売買
」による訴訟は534件、前年比11%増だった。
肉体的暴力、強姦、殺すと言う脅しにより 犠牲者は
売春を強要される。
犠牲者は前年比5%ふえ、710人だった。
アフリカ諸国では 女性に恐怖心をもたせて 
ドイツへ出国させる前に、ヴゥドゥーの神への誓を
科す例が増えている。犠牲者はドイツの警察に協力
する気はない。しかし 彼女達の供述は 犯人を
捜査するには必要だ。
ドイツでの人身売買の女性犠牲者の大半は東欧から
である(特にルーマニア、ブルガリア、ロシアから)。
その他にはナイジェリアからの女性も増えている。
人身売買の加害者の中に女性が増えている。彼女達は
元犠牲者であり、今は娼館を経営している。

ベルリンではインドネシアの家事労働者(女性)が
イエメンの外交官のイエに2年半 閉じ込められて
いた。そういう例について 救援するために 
外交官の多く住む地区をプラカードをつけて単車を
乗り回して広報したり、スーパーやレストランに
プラカードをつけた単車を駐車したりしている。
下記サイトから:
http://www.welt.de/politik/deutschland/article7730805/Voodoo-Rituale-machen-Frauen-gefuegig.html  


Posted by jtw at 20:59Comments(0)