2010年05月11日

「クサ」との「イクサ(戦)」

★元記事の見出しは ダジャレなので 朝から
考えて こういう日本語になった★

テキサス州Brooks郡の治安監視人たちは この十年間
に200トン弱のマリフアナを押収した。6人の警官と
1人の犯罪担当者からなる警察署としては立派な
業績だ。
押収した大麻を保管する場所が足りなくなった。
ごみ焼却所で大麻を処分するには3万ドルもかかる
ということが分かった。
倉庫にある大麻の多くは ビニルフィルムに
包まれていて ビニルと大麻を分別するのに 
警察官が何週間もかかる量である。
そのうえ、卓越した保安官の働きにより、この
16ヶ月に さらにトラック2台分のマリフアナが
増えた。
しかしブルックス郡の治安監視人にとって希望はある:
この窮状が報道されると 大麻の破棄を無償で
手伝いたいという申し出が 州全体から
寄せられている。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/schlusslicht/marihuana102.html
  


Posted by jtw at 15:58Comments(0)