2010年04月28日

ドーナー・ケバブinサイゴン

ずっと前から移住者たちは 世界中から名物料理を 
ドイツの町に持ち込み、そしてさらに別の遠い町に
持っていった。一人のベトナム人は トルコのドーナー・
ケバブをベルリンから 故郷のベトナムに持って帰った。
ドーナー・ケバブは 肉を垂直の長い串に刺して、
焼いたのを スライスして作るトルコの料理。

ホーチミン市のDo Vam Luong のドーナー店は最も
評判がいい。
彼はベルリンでこの作り方を習い、2年前に1平方メーター
の店を出した。
トルコ人の師匠から贈られた トルコ国旗を飾っている。
1990年代の初めに彼はベルリンに観光ビザで来た。
レストランなどで働き 最後はドーナーの店で
働いていた。不法滞在がばれるのが心配で、ベトナムに
帰り、ドーナーはベトナムに無かったので これを売る
ことにした。
香辛料はドイツから取り寄せている。
ベルリンだけで 1300のドーナーの店がある。イスタン
ブールにある店の数よりも多い。パンケーキで包んだ
ドーナーはベルリンで始まった。

今、彼は1日に28キロの肉を売る。彼は鶏肉のドーナーを
作る。ベトナムの他のドーナーの店は豚肉を使って
いるので 彼は競争について心配していない。そのうえ
彼はパンケーキも自分で焼く。他の店は ベトナムで
普通に売られているパンを使っている。
夕方5時頃に彼の店は 一番 忙しくなる。
下記サイトから:
http://www.dw-world.de/dw/article/0,,5487963,00.html  


Posted by jtw at 17:06Comments(0)