2009年11月08日

米国フォートフッドの無差別銃撃を阻止した女性警官

女性警官Kimberley Munleyはニタル・マリク・ハサン
による銃撃殺人を止めたとして英雄になった。
彼女は犯人に向けて4発発射し、犯人を怪我させ、
犯人が銃撃を続けるのを阻止した。
彼女は犯人に撃たれながらも、撃ち返し、負傷した
犯人に駆け寄りさらに数発を撃ちこみ 犯人の
戦意を無くさせた。
犯行を阻止したのは 彼女だけだったか 
どうかは はっきりしない。
犯人のおじの言うことには、「甥はアメリカを
愛していて、アメリカのために働きたいと
言っていた。軍の精神科医として治療しなければ
ならない 兵士の様子を見ていて 彼は動揺
していた。そのうえ彼はイスラム教徒として
他の人から 敵意をもって見られていた。」
犯人ハサンは意識不明である。
下記サイトから:
http://www.spiegel.de/panorama/justiz/0,1518,659992,00.html  


Posted by jtw at 20:20Comments(0)