2009年08月06日

物を交換するマーケット・買うより交換@ベルリン

金なしで物を買うには、交換会へ行けばいい。
それは蚤の市のような雰囲気で、戦いではなく
連帯感がある。
ベルリンの交換会の前で 100人ほどが列を作っている。
素人の運営では ないから、防犯・保安は
しっかりしている。
使わなくなった衣類・靴・アクセサリーを この会
に出すとポイントがもらえる。そのポイントを使えば
「Jeton交換マーケット」でブランド物も手に入れられる。
「買うのでなく、交換しよう」というこの会
の設立理念は ニューヨークやロンドンでは ずっと
前から 確立されている。
主力はブランド物で、他にTシャツ、サングラス、
普通の衣類がある。
普通の蚤の市(ドイツ語でFlohmarkt. 英語では 
フリーマーケットと言うので 長年「無料の市場」かと
思っていたら フリーは英語の蚤だった)
との違いは「提供して、受け取る」という原則。
服に大金を費やして やましい気持ちになる
のは避けられるし、誰かが 自分の出した服を
試着して 鏡の前に立っているのを見るのも 
気持ちのいいものだ。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/online/2009/32/swap-party-berlin?page=1

★昔 保育所のバザーで 年に2回 古着売り場
に立った。ブランド物は無く、1点100円だった。
それでも一人で1万円ほど売れた。今は古着は 
バザーも受け取ってくれない。ゴミに出す。もったいない。

  


Posted by jtw at 15:11Comments(0)

2009年08月06日

スターバックス・コーヒー店舗縮小inアメリカ

客は マクドナルドでコーヒーを飲むようになり、
売り上げは落ち込み、ブランドを隠すために
初めてチェーン店の名前を変えた。
2008年末には 株価は半分になった。
そこで 会社は経費を節減し、数千の店を閉めた。
たとえば シアトルでは3店を出したが、普通の
街のコーヒーショップであって、スタバの看板は無い。
「15番通りのコーヒーと紅茶」という看板を出して
いて、スタバの杯もないし、スタバのコップもないし
緑のロゴも無い。
スタバの名前を出さない店が 利益になっているのか
どうか まだ分からないが、売り上げは減っても
利益は増えている。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/online/2009/32/starbucks-marke  


Posted by jtw at 12:44Comments(0)