2009年07月06日

ゲイとレズの祭りinケルン

2009年7月5日にケルンで クリストファー通りの日(CSD)
記念パレードが行われた。
同性愛者にも同じ権利を平等に と言う願いで
デモをして、さらに 見た目にもよくしよう
と言うのが 世界中から集まったレズとゲイの目標だ。
参加者約2万人、90グループ。パレードの見物人70万人。
社会的に認知されたいという要求がプログラムに
含まれている。

主催者のモットーは CSDの起源に関わる。40年前に
ニューヨークのクリストファーストリートで 性同一性障害者は 
警官の専横に抵抗し、一日中続く 闘いになった。
ドイツではCSDの祭りは 1970年代末に始まり、
90年代に大きな行事になった。政治的・社会的
関心事であるだけでなく、カーニバルの行列に
似た性質も 入ってきた。

パレードの主催者「ケルン・レズ・ゲイ会議」(Klust)は
挑発的なパレードが 増えてきたことに 気を
悪くしていた。特に2006年に ケルンの娼館の横断幕
をもって 参加した性転換の娼婦がいたことに
ついて 議論が広がった。
そのため、2009年に この会議はCSDの祭りを
政治的なデモであると定義した。
しかし この方針に反対する参加者もいた。

ドイツ・サッカー連盟も ゲイとレズの差別に反対する
チラシの作成費を支援している。
下記サイトから:
http://www.wdr.de/themen/panorama/gesellschaft/csd_2009/090705.jhtml  


Posted by jtw at 08:46Comments(1)