2009年06月15日

針灸治療ではツボでない場所に針を打っても効く@欧州

(欧州の針灸は どうも 日本とは違うようです)

針灸治療において どのツボに針を刺すかは 
たいして意味がない。
ツボを考えないで 針をうつ「偽はり治療」も痛みの
治療として役立っているとAerzte Zeitung(医師新聞)
は報道している。
「偽針治療」では伝統的なツボでない場所にも針を刺す。
デンマークの研究者が3000人以上を扱う13の調査を
分析した。その結果によると、非炎症性関節症の痛みと 
背中・腰の痛みとOPの痛み(手術後の痛み??)に
ついて 正統なツボに針を刺した治療は でたらめに
針を刺した場合と比べ、100点満点で4点高かったに
過ぎない。
正統なツボによる針治療や偽はり治療をした患者と
針治療なしの 患者を比べると、その効果の差は 
15~30点だった。針治療は有効と言える。

下記サイトから:
http://www.onmeda.de/aktuelles/news/akupunktur__einstichpunkt_ist_fast_egal-3522.html

★管理人の蛇足:
もう30数年前、大学病院を退院する前に主治医は
言うてくれました:「あと10年や20年は 治療法は無い
と思う(確かに今でも無い)から 病院めぐりは 止めた
方がいい」。
代わりに何をしたらという助言もなかったですが、
思えば親切で正直な先生でした。
とは言うものの 四肢の関節を時々襲う激痛は
えらいものでして、何もしないわけには いかず
治療法は病院には ないなら 針灸にあるかも
知れずと思って 針灸院めぐりをしました。
東京には 針灸院は多いから 変った先生にも
あいました。
もっとも変だった所は たいへん繁盛していて
ずらりとベッドが並んでおり、患者はベッドに寝て
順番が来るのを待ち、助手が次つぎに針を打って
回るのです。治療を終えた後に「あんたは どこが 
悪いんかね?」と訊かれました。


  


Posted by jtw at 21:15Comments(0)

2009年06月15日

野生生物・希少木材の略奪inマダガスカル

動物密輸出業者や木材マフィアは マダガスカルの政治混乱を
利用して 生物学的にもっとも豊かな国の一つである同国の
保護動物や希少木材を高い値で売りつけている。

ある種の亀は子カメでも闇市場で3000ユーロで売られる。
種は 絶滅が危惧されていれば いる程、値段が高くなる。
動物の密輸出はヤクザ屋さんが支えている。2-3ヶ月前に
警察がある家に踏み込んだところ、保護されている亀と
偽造パスポートが見つかった。この種の亀は成長したのは
3万ユーロ、パーソンズ・カメレオンは2000ユーロ、黄金蛙は80ユーロ
になる。蛙を捕まえる人の手取りは3~6セントなので、
1800%の価格差がある。

野生生物の略奪は 政治的危機に関連している。
マダガスカルの暴力や騒乱状態が 世界中にテレビで
放映され、観光業界は壊滅状態になった。国中で一番
人気の高かった国立公園に今は1日に2-3人の客しか
来ない。以前は300人は来ていた。
観光客が激減すれば 観光ガイドは収入が無くなる。
そうなると、動物密輸出しか 生計の道は無い。

動物だけでなく、熱帯特有の木も大量に売られている。
同国の北東部の森林地帯にある希少木材は 年初から 
少なくとも1億USドル分が 伐採され、主に中国に
輸出された。
ドイツの援助で開設されたMarojejy国立公園は世界遺産
であるが、4月に管理は停止された。その地方は 
まったくの無法状態になり、武装した男どもが 希少木材
を伐採している。木材の輸出を止めるために 環境大臣は
5月に最大の港を封鎖したが、その24時間後に 
大統領の取り巻きの乗った個人ジェット機が首都に到着し、
数時間後には 港は再開された。多くのことは コネで
片付く (和歌山と 似ている)。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/online/2009/25/madagaskar-tiere

★管理人の蛇足:
この島の野生生物を見るツアーは 日本でも
売られていました。日本から よりも ずっと近い
欧州からの 観光客は多かったに違いないです。  


Posted by jtw at 09:11Comments(0)