2009年04月08日

メタノールの危険性/ドイツ学生のトルコでの中毒死

ドイツの学生がトルコでメタノール中毒になり、そのうち
3人が死んだ。
メタノールは 動力用燃料、凍結防止剤に使われ、
化学工業で原料となる。飲料に含まれると有害だ。
酒の場合、自家蒸留が不適正だと エタノール
(普通の飲むアルコール)でなく、メタノールができる。また
酒をメタノールで薄める場合もある。

メタノール中毒の最初の症状は 普通の酒酔いに
似ている。血液検査しないと メタノール中毒かどうか
分からないので 疑いのある場合 すぐに病院に
行くべきだ。
メタノールから フォルムアルデヒドが生じ、その後 蟻酸が
生じる。これらの物質は からだ全体に壊滅的作用を
及ぼす。神経、腎臓、肝臓が冒される。蟻酸のために
血液は過酸になる。呼吸停止もある。

メタノールが体内で完全に上記物質に変換される前に 
患者を病院に運び 透析、投薬などの治療を受けた
場合にだけ 治療は有効だ。
下記サイトから:
http://www.stern.de/wissenschaft/medizin/:Gepanschter-Alkohol-Warum-Methanol/660254.html
  


Posted by jtw at 10:24Comments(0)

2009年04月08日

トルコでのドイツ学生メタノール中毒死・続報

ドイツの実科学校生徒6人がクラス旅行に行った 
南トルコのホテルで 公的な税ラベルの貼られていない
酒を飲み メタノール中毒で3人が死んだ事件について 
違法の酒がホテルでまた 見つかったと弁護士が述べた。
トルコ検察当局は 既にホテルで違法酒のビンを見つけて
いて2人のホテル従業員を事情聴取のため拘束している。
トルコ観光省は ホテルの閉鎖も考えている。
ホテルに酒を納入した業者は 2年前にも 違法酒に
ついてスキャンダルがあった。
19歳の学生で 中毒になっただけで死ななかった人は
クラス旅行に同行した教師を 厳しく非難した。と言うのは 
死亡した21歳の学生は 教師が見に行くまで 20時間 
ホテルの部屋に放置されていた からだ。
トルコ ホテル協会は 密造酒を厳しく取り締まるように 
当局に要請した。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/ausland/schueler108.html

★日本の私立学校で 修学旅行に外国へ行く学校も
あります。安い酒を飲まないように 普通の酒を飲めと
生徒に徹底してくださいませ。密造酒は安いけれど 
命の危険があるし、引率の先生方は 訴えられる危険が
あります。
  


Posted by jtw at 08:34Comments(0)