2008年07月18日

潜水艦によるコカイン密輸inメキシコ

7月12日発。
太平洋沿岸 Oaxca州の沖合い200キロで潜水艦が
浮上したのを メキシコ海軍が拿捕した。潜水艦は
コロンビアから約10トンのコカインを運んでいるところだった。
4人の乗組員は公海上で確保された。
潜水艦はロシア製をみられる。
コロンビアのマルクス主義反乱軍によって 潜水艦は
導入されたと言われる。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/984894.html  


Posted by jtw at 09:01Comments(0)

2008年07月17日

青少年福祉局の介入・子どもへの応急手当・増加inドイツ

ドイツの青少年福祉局は去年 毎日約77人の
子ども・青少年を保護した。
連邦統計局によると 1年に全国の青少年福祉局は
合計28200人の子どもについて 危機的な状況で 
応急手当をした。
2006年に比べ8.4%増。
上記の子どものうち435人は養育権限のある人の
意思に反して 局に引き取られた。
2006年に このように引き取られた子は151人だった。

養育不存在の理由による引き取りにおいて 
青少年福祉局は 危険な状況にある 子ども・青少年を 
短期間 引き取る。この引き取りにおいて 未成年者
自らの意思によって、あるいは 警察や施設の職員
(Erzieher)の発意によって、それまで居た環境から
離され、数時間あるいは数日 施設に保護される。

青少年福祉局が介入するきっかけの うち 
最も多いのは 親の能力が及ばない場合
であり 44%。
養育放棄あるいは 虐待や性的暴行の兆しが
あったりする場合が 6500件で23%。
4人に1人の子どもは 自分の意思で保護され
ている。約60%は14歳以上。
55%は女子である。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/Erste_Hilfe_fuer_Kinder_Jugendaemter_greifen_oefter_ein/150720085713/994244.html  


Posted by jtw at 11:31Comments(0)

2008年07月16日

麻薬蔓延inビルマ

Ko hitke's prosaic collection という亡命ミャンマー人
のブログから:
このブログは 当局の検閲のため 1-2日で消され
ますので 下に貼り付けます。

抜粋は:

ビルマのパハンにある高校の女生徒6人(13-16歳)は 
麻薬を多く所持していたのを 教師に 見つかり、
退学になった。
麻薬の濫用は 広がっていて、普通の人も 
濫用に気づいているが、当局は無視している。
なぜなら Than Shwe 将軍の孫も麻薬中毒だと 
最近 分かるまでは 当局の家族が麻薬売買
にかかわり 金儲けをしていたからである。やっと 
当局は対策を取り始めたが 手遅れかもしれない。

15 June 2008

Drugs threat

Nine girl-students studying at Grade 10 (Formerly known as 9th Standard) from State High School No.( 2 ), Bahan Township, Yangon were dismissed from school as teachers found many drugs in their possession.

These girls, age between 13 to 16 are considered minor and still under full guardianship of parents so be imagined of how widely spreading the drugs abuse cases among the older age students and teenagers.

Spreading of drugs abuse cases were obvious that even normal people and parents aware of it. It was fully ignored by authority because of their family members were involved and benefitted from that business until recently the grandson of Senior General Than Shwe was found as drug addict. Now the authority starts taking action but may be too late.

(For your confirmation, Headmistress of above said school can call on ++951 554101.)

Reported by Thu Ye Kaung.


  


Posted by jtw at 12:19Comments(0)

2008年07月15日

太湖(たいこ)汚染を告発し逮捕されたWuさん

Wu Lihongは中国の有名な環境保護運動家。
彼は自分の家の前の自然を守りたかったのに
逮捕され、妻 Xu Jiehuaが闘い続けている。
Xuは40歳。娘(16歳)と田の中の家に住む。
警察は2階の窓に梯子をかけ、窓を破ってWuを逮捕
したのだった。
タイ湖は東中国にあり、中国で最も大きい湖の一つ。
Wuはその保全のために10年以上たった一人で
工場と役所を相手に闘った。
湖の沿岸に3000万人が住む。3千の工場が
排水を湖に流している。Yixing市が排水検査を
不正に操作したことをWuは暴いた。
賄賂をうけとる党幹部は 環境保護法の適用を
妨害し、抵抗する者を罰する。
中国の川の1/3は汚染されている。毎年 悪い空気
と水のために数十万人が死んでいる。
今年 二酸化炭素の排出量で 中国はアメリカを
追い抜き、首位に立った。
タイ湖は90年代に汚染され、政府は数百の工場を
閉鎖すると約束した。しかし何もおきなかった。
去年 タイ湖に藻が はびこり、2百万人の
飲み水が 無くなった。

Wuは荒れ果てた田の写真をとり、署名を集めた。
字を書けない人には拇印を押してもらい 彼らに
新聞を渡した。「ここでは誰も水道の水を飲まない」
と彼は記者に語った。1999年にWuは国営工場
での職を失った。Xuも国営企業を解雇された。
Xuは今 臨時雇いの仕事で生きている。民営工場
が増えたので こういう職はある。

Xuは尾行されているが ビビらない。
環境保護団体の中で最も有名なグリーンピースに 
Wuは相談しなかった。グリーンピースも彼を助け
られなかった。

夫Wuの友人 Chenが Xuの家に来た。Chenは
企業家で 環境保護運動をしている。彼の家に
2回 放火されている。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/2008/29/Umweltschuetzer-China?page=1


  


Posted by jtw at 14:35Comments(0)

2008年07月14日

那智勝浦・色川地区のベビーブーム/千葉県の市民農園

日本経済新聞2008年7月13日
囲み物 「都市と地方」豊かさ再評価 2.
団塊・若者「ふるさと」回帰

和歌山県 色川に去年5人赤ちゃんが生まれ 
今年4人生まれる予定。
産業は傾斜地を利用いた茶、米、野菜の栽培や
養鶏、林業。人口456人のうち 新規定住世帯が
35%を占める。
那智勝浦町は廃校に移住希望者が短期滞在できる
「籠(かご)ふるさと塾」を開設し、移住希望者を支援する。

都市部の住居と行き来する「2地域居住」も人気がある。
都心から車で約1時間半の千葉県香取市に06年に
開業した「クライイン ガルテン」(ドイツ発祥の滞在型市民農園)は
1区画310平方メーター。風呂トイレ付きの建物もある。
年間利用料は40万円。20区画は 売り切れ、
30人が空きを待っている。
○日経ネットPLUS
http://netplus.nikkei.co.jp
で関連情報を掲載している。

★管理人の蛇足:
ドイツの農園が日本に輸入されているとは 
知りませんでした。
色川も人口が増えてよかったです。







  


Posted by jtw at 11:08Comments(2)

2008年07月13日

ゲイとレズの祝日/ミュンヘンでもパレード

7月12-13日にミュンヘンのマリア広場とその周辺で 
数千人のゲイとレズは行進し、
第29回Christopher Street Dayを祝い、
差別に抗議した。
(見物人の数は書かれていないけれど、写真で見ると 
当然 行進している人よりも はるかに多いから何万人の観衆?)

パレードの標語は”Bruecken bauen - zu jedem Ufer"
(どの岸にも橋をかけよう)。
★ von anderen Ufer sein: ホモである(?向こう岸の出だ?)。
と言う表現は辞書に出ているので 
それと関係ある標語でしょうか?★

13日には 市庁舎で ゲイとレズのパーティが開かれる。
ミュンヘン市長も参加し 「15年前と比べ、法律と受け入れ
態勢において 改善が見られるが、ゲイとホモの生活は 
他の人と 完全に同権とは言えない」と挨拶した。

1969年6月に ニューヨークのクリストファー通りでの同性愛者
の寄り合いに 警察が投入されたことを 毎年 
ゲイとレズは思い出す。ゲイとレズが 性的な立場を
隠さずに表現することは 今のドイツ社会では 
許されている。

パレードの写真39枚は 最下段のサイトで。
華やかな衣装を着た お姉さん方が見られます。
写真の説明は 無料翻訳ソフトで 読んでみてください。
記事は下から2行目のサイトから抜粋。

★ブログの管理人の蛇足:
性同一性障碍をもつ人がその立場を 隠さないで
済めば 本人も周りの人も 楽になると思うので 
こういうカキコミをしています。自由に自己表現できる
方が生きやすい。
こういうパレードはStuttgartでもフランクフルトでも 
行われたそうで、大規模なパレードのある都市では 
ゲイもレズも安心して生きていけそうに思います。

http://www.sueddeutsche.de/muenchen/bildstrecke/96/185512/p0/?img=37.0
http://www.bild.de/BILD/muenchen/aktuell/2008/07/12/tausende-feiern-csd/-in-muenchen.html



  


Posted by jtw at 14:07Comments(0)

2008年07月12日

ジャージー島の児童養護施設・醜聞

7月9日発:
イギリス海峡にある英国領 ジャージー島(ChannelIslands
の主島)の児童養護施設 スキャンダルの捜査によると 
第2次大戦中に ドイツの防空壕でも 子どもが
虐待された可能性がある。
ジャージー島は 大戦中にドイツが占領していた。
大戦中 防空壕の中へ 施設職員が子どもを
連れ込み 酷い性的犯罪が行われたと 
6人の証人は述べた。

警察は 2月にこの施設について報道されてから、
捜査を続けている。
約百人の子どもが この施設で犠牲になった。
60-70年代に施設職員は 子どもを強姦し 殴り、
麻薬を与えた。約100人に嫌疑がかかっている。
今までに 元施設の建物の地下室が捜査された。
法医学的結果は 出ていない。殺人の捜査が 
今 問題になっているのではないが、殺人の
可能性はある。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/,ra2l1/panorama/artikel/598/185017/
  


Posted by jtw at 15:03Comments(0)

2008年07月11日

崩壊したビルマへの詩by亡命したミャンマー人

下記は 亡命したビルマ人のブログに出ていた韻文です。
検閲で 数時間後には もう消されてます。しかし
こういう風に 消される前にコピーされて 生き延びます。

英語>日本語の無料翻訳ソフトをつかって
読んでください。変な日本語になりますが、ないより
ましです。

Wednesday, 9 July 2008
Prettily Collapsed country

Broken Hearted Country
Chronically Collapsed Country
Prettily Shocked Country

Golden land but malnourished,
Fully Democracy, not yet established;
Still in hand of Junta
Than Shwe & other hard power-handlers

Nowadays 2008
Still kept in crisis of several kinds for decades
Started our strike in ’88
We are in strike forever for the sake

Several people
Several monks
The Irrawaddy’s innocent farmers and fishermen
They sacrifice their lives then

Blood-stained The Golden Shwedagon last year
Mud mixed with corpses in The Irrawaddy this year
Decomposed dead bodies floating in The Gulf of Ben gala

Land could not be green and bright
People should not be give up and…Fight
The Might, we have to march on our strike.

Khin Oo Sabai

下記ブログから:
http://www.ko-htike.blogspot.com/

  


Posted by jtw at 08:46Comments(0)

2008年07月10日

移民の子はその他の子より凶悪か?青少年犯罪inドイツ(下)

心の葛藤に充分に対応できないことなどの人格的特徴は 
青少年犯罪の一つの理由である。

人間関係の環境と発達の可能性が 特に大事だ。
家庭の状況は 攻撃性の亢進と 犯罪的性癖にとって
最も重要な因子の一つと見なされる。
親の暴力を受ける子は そうでない子よりも 明らかに
犯罪者になりやすい。

移民の親をもつ青少年は犯罪を起こしやすい。
2005年に容疑者の22.5%はドイツ人でなかった。
ドイツに居る外国人の割合は8.8%である。
容疑者の中に 旅行者と不法入国者も入っている
のに、8.8%の中には そういう人は入っていない。
だから統計は分かりにくい。しかし 外国人と青少年
は都市にいることが多いというのは 確かである。

2006年の犯罪統計によると 非ドイツ人青少年に
よる不法行為で、もっとも多いのは 傷害で29.5%、
次に万引きで22.9%。
トルコ系と 旧ユーゴスラビア系の青少年は暴力的傾向が強い。
移民の子でドイツで生まれた人(2世や3世)は
一世と比べ、犯罪を犯すことが多い。彼らは 
社会にうまく受け入れられなかったり、外国人としての
ハンディがるのにドイツ人と同じ扱いをされたり、して 
悪い扱いをされていると言う思いをもち 
心の葛藤が生まれる。
ドイツに住む外国人 約730万人のうち21%はドイツで
うまれた人で、62%は10年以上ドイツに住む。

社会的問題と家庭内暴力は すべての 青少年犯罪
において 不利に働く。移民家庭にそういう状況が
起きている。たとえば 「男らしさ」や「名誉」のイメージは 
心の葛藤を生み出す。
他国に滞在しているという立場は 不安定なので、
それも不利に働く因子になる。

青少年の累犯率は高い。厳しい罰は 多くの場合に
予後を悪くする。「厳しい罰は 青少年を脅して 
犯罪を止めさせる」という決まり文句は 間違いだと 

ドイツ裁判官連合の委員長は考える。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/inland/jugendkriminalitaet2.html


  


Posted by jtw at 12:08Comments(0)

2008年07月09日

青少年による犯罪は増えているか?inドイツ(上)

青少年犯罪は増えていない。
1998年までと 2008年の数字を 比べると 14-18歳の
少年、18-20歳の年長少年、14歳以下の子どもの 
いずれについても 犯罪は増えていない。

殺人と強奪の事件数は減っている。一方、傷害と
麻薬の捜査は約1/3ふえている。麻薬の大半は カンナビスだ。

青少年分野では 統計に現れない潜在的な数字は高い。

犯罪統計は 有罪判決を下されたものでなく、容疑者を把握する。

犯罪の容疑者の12%は少年である。ドイツの人口の
うち少年は5%しかないことを考えると 少年の犯罪率は高い。
10-12歳の年齢層から 容疑者の割合は上昇する。
17-18歳で最高の率に達する。20歳で減少する。

万引き、無賃乗車、器物損壊については 子どもと少年に
よるのが 多い。すべての事件で約1/4は傷害罪で捜査される。

14-21歳の犯罪者による犠牲者の約60%は 同年齢の人だ。

◎ 犯罪的行動が どうなっていくかを 予測するのに
役立つ 因子は 処罰対象となる友達を 何人もって
いるかという ことである。暴力と犯罪行為は 
グループの中に見られる。そのグループ内で 青少年は 
社会的に困難な境遇のために 手を結びあっている。

傷害事件は増えているが 青少年の暴力的傾向は減っている。
(続く)
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/inland/jugendkriminalitaet2.html
  


Posted by jtw at 18:29Comments(0)

2008年07月09日

自然保護区の生物inドイツ

地球の生物種の多様性は私達の生活の必須の
基礎である。しかし この多様性は脅威に曝されている。

ヘッセン州はドイツでもっとも森の多い州で、ヘッセンの
6000ヘクタール近くの地域は2004年に国立公園に
指定された。
北ドイツではブナの原生林は 残っている大きな
ブナ林の数少ない一つであり、種の多様性に
かかわる大事な森だ。
ヨーロッパブナの森は クマゲラとその他の木の中で巣を
作る鳥にとって重要な生息地になっている。
ここに住む生物のうち 絶滅危惧種の中のほんの
いくつかだけ挙げても、赤鳶(Rote Milan)、黒コウノトリ、
スズメバチノスリ(Wespenbussard)、15種の蝙蝠、
マダラサンチョウウオなどがある。
ブナは ドイツトウヒと違い、嵐に強い。

Lueneburgの荒野では クロライチョウの交尾期の踊りが
見られたが、80年代に ほとんど絶滅した。これは
60年代には今のキジのようなもので、普通に見られた。
湿地の排水が進み、泥炭の取り出しと その後の植林と
土地利用のせいで、クロライチョウは住処を奪われた。
リューネブルクの荒野は人間によって形成された人工的
自然環境だ。その荒野は特有の羊を育てた。

ニーダーザクセン ハンブルク シュレースヴィッヒホルシュタインにある
広い国立公園は干潟のある海だ。そこを春に渡りの
途中に通過する鳥は 数百万羽にのぼる。
砂丘と砂の草地も餌場や退避所になる。
北極から南極へ渡るムナグロも来る。

干潟・海底の種の多様性:
満ち潮のとき干潟でカニや貝を獲れなくなると 
鳥は海水面へ休憩にくる。
引き潮のときに現れる干潟の泥土の中に住む種は
たいへん多い。泥の中の深さによって 住む生物は異なる。
20センチの深さに住む貝もある。

ドイツには世界中の動物の種のうちの僅か4%しか
住んでいないが、そのうちの1/3は 絶滅危惧リスト
にのっている。

下記サイトから:
http://www.dw-world.de/dw/article/0,2144,3320713,00.html
  


Posted by jtw at 09:57Comments(0)

2008年07月08日

休暇の楽園カナリア諸島にアフリカ難民上陸

毎年 数千人のアフリカ人が スペイン領カナリア諸島へ
向かい、そこから豊かな西ヨーロッパを目指す。
下記URLにある写真7枚では 148人のアフリカ人が1隻の
船に乗り テネリファに着いた。
彼らは 上陸後 内陸へ向かって 走り去ろうと
したが、警察に確保された。
http://www.stern.de/politik/ausland/:Teneriffa-Fl%FCchtlinge-Urlaubsparadies/626227.html?cp=7  


Posted by jtw at 12:03Comments(0)

2008年07月07日

ホモのパレードを極右主義者が襲撃

7月5日 ブダペスト発:
ハンガリーの首都ブダペストでホモのパレードがあり、
少なくとも8人が負傷し、45人の反デモ者が逮捕され、
警察のミニバス1台が焼きうちにあった。
約1500人のパレード参加者に 極右主義者が石や
卵を投げつけ、パレードを守ろうとした警察官にも
爆発物を投げた。

ゲイ・プライド・パレード(ゲイを誇りにしようパレード)は
ブダペストで12年間続いている。去年初めて
極右主義者の攻撃があった。今回は数百人の
極右者がパレード会場に集まり、「自然に反する変態」
を攻撃した。

2009年1月にハンガリーで 同性同士の結婚が認め
られるようになる。極右の憎しみは この法律改正
にも 向けられている。

パレードの前には ホモの居酒屋に火炎瓶が
投げ込まれた。先週の週末には ブルガリアとチェコでも 
極右主義者がパレードを襲撃した。
下記サイトから:
http://www.spiegel.de/panorama/0,1518,564105,00.html

★「クリソトファー通りの日」に東京でも ゲイ パレードがあった
のか どうか 東京に知人に 聞いてみたけれど、
西ヨーロッパでのような 盛大な 報道されるほどの 
お祭りは 聞いてない ということでした。
  


Posted by jtw at 20:55Comments(0)

2008年07月07日

性同一性障碍者パレードの日

Christopher Street Dayに「世界中で」パレードが行われると 
書かれていますが、
おそらく 盛んなのは 西欧と北アメリカだけなのだろうと
思います。東京でパレードは あったのでしょうか?
東欧では パレード参加者が 暴行されたりしています。

ケルン ロンドン マドリドのパレードは盛大です。
マドリドでは 観衆がパレードに押し寄せている感じです。

下記にホモのパレードの写真16枚+最後の1枚はホモでも
レズでもないように見える写真。
http://www.stern.de/lifestyle/leute/:Christopher-Street-Day-Schwulen-Hass-Schwulen-Liebe-/626236.html
  


Posted by jtw at 08:37Comments(0)

2008年07月06日

ホームレスになった子どものための銀行inインド

ニューデリーなどの都市で 子どもホームレスは 盗まれたり 
襲われたりするのではないかという 不安から 
金を使ってしまって、予備の金は もてない。
そこで「子ども開発銀行」は その状況を変え、
子どもが金を預けるだけでなく、路上生活をやめ、
将来の見通しを開けるように 子どもを助ける。

インドの援助組織Butterfliesが この銀行を運営する。
子どもは貧困のためか 虐待されてために 
ホームレスになる。14歳のVishalはボロ布集めの仕事で 
口座に80セント相当額を入れている。

銀行は協同組合の原則による。
ニューデリーでは9千人の子どもが加入し、金庫番を
誰にするか、誰に貸し出すか、いくら貸すか、
利子はいくらかなどを 自分達で決める。

ホームレスの子どもは節約の仕方を習ったことが
ないので、銀行を通して 節約を教える。

彼らは路上に寝て 金を盗まれる。昼間は 
大人や他の子に騙され 金を取られる。
子どもは 銀行に泊まることもできる。路上よりも安全。
銀行の金庫番 14歳のMurpalは 軍隊に入りたい。
今は初めて 小学校5年のクラスに行っている。
もう煙草や映画に金を使うこともない。銀行に預ける。

下記サイトから: 音声も聞けます。
http://www.tagesschau.de/wirtschaft/childrensbank2.html  


Posted by jtw at 13:31Comments(0)

2008年07月05日

砂漠化の進行を肥料で阻止する

気候変動と 皆伐・過放牧・不適切な農業栽培法
によって 砂漠は増えている。アフリカは特にその
影響を大きく受けている。しかし 僅かな費用で 
それに対抗することが しばしば可能だ。

スーダンの首都カルトゥームから南へ車で 2-3時間 
行くとGeziraという地方がある。ここは スーダンで
もっとも肥沃な地域で、約100万ヘクタールの耕地がある。
イギリス人はスーダンに1920年代に土地台帳を導入し 
民有地とされていない土地をすべて 英国のものとした。
気候変動と たびたびの旱魃に加えて 国家による
組織的土地収用は 対立と疲弊した土地をもたらした。
1968年から スーダンでは 大規模な機械化農業が
促進され 風と水による土地浸食が起きている。

ケニアの最良の例は Machakosというナイロビの東南
にある地方だ。ここは 乾燥した地域で 肥料も使わず、
侵食の防止もしなかったために 土地は痩せてしまった。
ところが、首都ナイロビが成長するにつれ 野菜・果物の
需要が増え 農業が盛んになり、土の流出を防ぐために 
段々畑も 作られるようになった。

砂漠で植物が少ないのを見ると、人は旱魃のためだ
と思うが、そうではない。土地が痩せているからである。
僅かな肥料をやれば、それが 起爆剤になり 
収穫が50%もふえることがある。

アフリカの道の多くは穴だらけで 車は走りにくい。
これでは 肥料は 輸送費がかさんで 欧州の3倍の
値段になる。
先進国へ難民が逃れるのを防ぐために 大金を投じて 
防護柵を作るのは 止めて、再植林プログラム、インフラや
倉庫の改善に金をまわす方が 意味がある。
砂漠化阻止の効果的な闘いは 貧困との闘い
であり、農村発展の促進になると 全ての専門家は 
一致して言う。
下記サイトから:
http://www.dw-world.de/dw/article/0,2144,3415797,00.html  


Posted by jtw at 21:47Comments(0)

2008年07月05日

文楽の伊達大夫さん追悼記事・日経新聞2008年7月4日夕刊

5月25日に逝去された直後に 新聞に短い記事は載りましたが
これは 充分に取材された 2段の長い記事で 有難いです。
以下 抜粋:
気さくな人柄を映した素朴な芸風で親しまれた。得意と
したのは、屈折した人物を描いた曲。
先代寛治さんの指導を受けた。当代 寛治さん(先代の子息)
は苦楽を共にした友人の死を悼む。

五代伊達大夫襲名の曲は 「傾城反魂香」の土佐将監 
閑居の段。曲と芸風が合い、この舞台で三味線を勤めた 
当代寛治さんは 忘れられない舞台 と振り返る。

約20年前の九州公演で 幕が開いても 語りださないので
当代寛治さんが5分ほど三味線で合いの手を弾いて
つないだ。終演後、「すまん。間違えて 別の曲の床本
(ゆかほん)を持って 舞台に出てしまった」と謝った
という。
病床には 好きな競馬の新聞があった。
(編集委員 小橋弘之)

★ブログ管理人の蛇足:

先代 寛治師匠も 競馬にこった時期があったそうです。
去年の秋に お弟子さんが 若手大夫の 素浄瑠璃の会に
出演されたときに 伊達さんは 後ろの席で 聞いて
おられました。お弟子さんも 育って よかったです。
十数年まえに 高野山の下の橋本で 巡業があり、
伊達さんは 合邦を語りました。
粉河の叔父が 聞きに行ってくれて、「後味の ええ浄瑠璃
やった」と 電話をくれました。
  


Posted by jtw at 05:30Comments(0)

2008年07月04日

大型帆船貨物船 構想@ドイツ

重油価格の高騰と環境保護義務のために 
海運は思考を根本的に変え、大型帆船を求める
声がある。
今 海運は世界のCO2放出の約5%を占めている。
大型貨物船に高い税金と科料が 課されるので 
環境汚染物質を減らさなければならない。

大型帆船 Gorch Fockの船長 Hartmut B. Schwarz
は大型帆船を計画している。この船は風洞実験で 
22ノットを出す。これは 今の発動機付き貨物船と
同じ速度。ハンブルクの造船技師 Wilhelm Proelssが
60年代に考えた計画を 発展させたのが 
Schwarzの構想だ。
Proelssの索具は アメリカの大富豪Tom Perkinsの
ヨットのために2006年に実際に使われた。

Proelssは長さ約220メーター 幅32メーターの貨物船を
計画している。この船で ブラジルのTubaraoから 
中国の青島までを 約34日で運行する
(普通の船と同じ速度)。
これで約544000ドルの油を節約できる。

ハンブルクの造船技師Peter Schenzleは80年代に 
帆船の貨物船を インドネシアの島々の間をつなぐ
ために造った。

大型帆船には 巨大なマストがあるので 
港湾・積み込み/陸揚げ設備の建替えが 
必要になる。

下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/automobil/artikel/618/181060/
  


Posted by jtw at 21:21Comments(0)

2008年07月03日

マレーシアの反対派指導者アンワル・トルコ大使館へ逃げ込む

同性愛だと告発され、アンワルは トルコ大使館へ
逃げ込んだ。彼の妻によると 彼は殺すと脅されていた。
告発は彼を失脚させるための陰謀だと 彼は見ている。

元副首相アンワルは 1999年に同性愛と汚職を理由に
告発され、何年間か 服役した。
3月初めの選挙で アンワルの公平党は勝ち、
連立同盟は崩壊した。

政府が 司法、警察を直接管理していると 
アンワルは述べた。

マレー人(イスラム教徒)を優先する政策について
議論が行われている。2600万の人口のうち40%を
占める他の民族は 差別されているという感情を
もっている。
アンワルの公平党は すべての民族を平等に扱う
政策を 選挙の際に 打ち出した。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/ausland/malaysia18.html

★マレーシアから 和歌山大学へ 10人くらい来てくれています。
国費留学生で みなさん 優秀です。
まれに インド系 中国系の マレーシア人 留学生も
いますが、たいてい マレー人のようです。  


Posted by jtw at 17:44Comments(0)

2008年07月02日

EUの麻薬消費事情

★ この記事でカンナビス マリフアナ ハッシィシュ Jointという
言い方で あらわしている物は どうも 同じであるよな
気がする。専門家は 区別するのでしょう。大麻から
作られる麻薬です★

EUの調査によると カンナビスの消費は増えている。
EUで約300万人が 毎日 カンナビスを吸う。
15-64歳の間の人の 7人に1人は この1年に
麻薬をした。ドイツでは 約60万人が ハッシシュをやる。
15-34歳の層では 3人に1人が カンナビスをしている。
この年齢層でハッシシュの消費は多い:デンマークでは
49.5%、フランス43.6%、英国41.5%、ルーマニアは少なく 
3%の人が やっている。

1グラムのハッシシュの値段は スペインで1.40ユーロ 
からノルウェーの21.50ユーロまで。値段は 一般的な
生活費と連動して決まる。

欧州で流通するハッシシュの80%は モロッコから来る。
タイ、アフガニスタン、パキスタン、旧ソ連邦からの密輸も
増えている。
輸入物でなく 個人の庭や 大規模農園での 
大麻栽培が増えている。
EU加盟国で 麻薬消費に対する 刑罰と闘いは 
国によって ゆるかったり、厳しかったり 様々である。
かつてのハッシシュ天国 オランダで 伝説的な「コーヒー店」
は厳しい法律によって 半分に減った。
世界中で 1億6200万人が カンナビスを吸う。
他の麻薬よりも はるかに多い。アンフェタミンとその他の
興奮剤は3500万人が使い、アヘンは1600万人、
コカインは1300万人が使っている。
下記サイトから:
http://www.welt.de/politik/article2167361/Europas_Kiffer_stehen_auf_Selbstangebautes_.html

  


Posted by jtw at 17:39Comments(0)