2008年07月29日

イスラム教の強制結婚

イスラム教徒である女性が 他人により勝手に結婚の
手配をされたり、強制的に結婚させられたりして、
妻としてドイツへ輸出されている。これについて 
2005年にNecla Kelekがドイツ語で本を書いた時に 
イスラム教徒から抗議があった。
この輸入を厳しい移民制限への反動であるとして、
抗議する研究者もいる。
イスラム教社会には 強制結婚、「名誉のための殺人
(貞操のための殺人)」、結婚生活での暴力、
イスラム教が正当であるという圧力のもとで 公の教育
/しつけをすること 等の問題がある。

欧州のイスラム教徒の間で 「強制結婚に反対する運動」
が生まれている。自己意識を持つようになった 
イスラム教徒の若い女性が 国の相談所へ行ったり、
「女性の家」へ逃げ込んだりしないように するための運動だ。
しかし 強制結婚はイスラム教の問題でなく、
文化の問題だ。強制結婚は イスラム教の教えには ない。
宗教と文化は「文化についてのシステム」を作っていて、
分離できないという 認識を イスラム教徒は拒否する。
一方 イスラム教徒は 信仰と日常生活、宗教と政治 
については 分離を拒否する。

イスラム教で家族とは 大家族、一族のことであり、
一族は個人よりも 重要だ。大家族がイスラム社会の
中核を構成し、結婚は大家族を創設するためのものだ。

「強制結婚への反対運動」では 第三者が手配した
結婚が推奨される。両家族の結婚である。
イスラム教の男はキリスト教の女性と 結婚できるが、
イスラム教の女性は キリスト教の男と結婚できないと、
この運動は主張する。
結婚する女性がなければ、また 男が女を管理しないでは、
イスラム社会は機能しない。
整合性のない この運動はペテンである。
下記サイトから:
http://www.faz.net/s/RubCF3AEB154CE64960822FA5429A182360/Doc~E1ECC2B524AF14B14B8C848C15006A7E7~ATpl~Ecommon~Scontent.html  


Posted by jtw at 15:02Comments(0)