2008年07月24日

世界最大の花・開花@Stuttgart

La Divaという植物が シュトゥットガルトのWilhelmaの
植物園で 世界最大の花を咲かせている。
(今から日本を出発しても 枯れてしまっている)
3年前にも咲いた。
ほんの短い間しか咲かないことと、花の臭いが 
腐った動物の死骸の臭いと 同じなことで 有名。
花の悪臭は 虫を引き寄せ 受粉するためである。

花の高さは3メーター、周りは1.5メーターで 今 咲いている
花は世界最大記録である。

16日(水)2.15pmに咲き始め、木曜の朝に全開
になった。金曜には 肉穂(にくすい)花序は折れる。
短い開花期間に 多くの人に 見てもらえるように、
植物園は水/木曜に夜10時まで開いている.

Wilhelmaの植物部門の部長 Franziska Lo-Kochkel
博士はLa Divaの母と言われる。
Wilhelmaは 白熊の赤ちゃん Wilbaerでも有名だが、
この花は世界記録保持者になった。
下記サイトから:
http://www.swr.de/regionen/stuttgart/titanenwurz/-/id=3398/nid=3398/did=3765968/11ut50n/index.html  


Posted by jtw at 11:59Comments(0)